ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

仕事はゲロを吐いてから

郵便局で保険屋さんをしていたころ、上司になかなかの香ばしい人物がいました。

N代理です。

N代理ば50代後半のベテラン営業マンで、長く保険畑で生活してきた人です。

人間的にはあまり尊敬できる人ではありませんでしたが、N代理の言葉にはいろいろ忘れられないものがありました。

「いいか、お前はまだ『良いヤツでいたい』って思っているだろ?」

押しの弱い私に「悪いやつになれ」と言ってくれたのです。

でも結局私は押しの強い「悪いやつ」にはなれませんでした。

そんな私にN代理はこんなことを言いました。

「俺だってこんな仕事は嫌だったよ。バイクで回りながらゲロを吐いたことだってある。」

その言葉に私は驚きました。 生まれ持っての押し売り営業マンのようなN代理も、最初は私のようななよなよした弱いヤツだったのです。

嫌すぎてゲロを吐いてしまうような仕事を続けてきたN代理を、ほぼ初めて尊敬した瞬間でした。

鋼の意思とド根性で嫌がる自分をねじ伏せたのです。

私はN代理のようにはいかず、結局仕事を辞めてしまいました。

 

※※※

 

それから10年ほど経ちました。。

ライダーハウスをやったり、居酒屋をやったりしてたら10年たってしまいました。

冬の配達のアルバイトをしたり、たまねぎ戦士になったりもしました。

いろいろやりましたが、保険屋さんほどの難易度のものはありません。

嫌すぎてゲロを吐くような仕事にあたることはなかったのです。

ですが去年から始めたライティングは、やりすぎると頭痛がしてきます。

頭痛がするほどが頑張っても、3000円も稼いでいないような状況です。

食べるためにはもっともっと書かなくてはいけません。

どうすればいいのでしょう?

もちろん、頭痛の先、ゲロを吐くまで書きまくるしかないのです。

ライターの先輩方の話を覗いてみても

「朝起きて、倒れるまで書く」とか

「パートナーに毎日ケツを叩いてもらう」など壮絶なものになってます。

なのでゲロすら吐かないで仕事をした気になってはいけません。

仕事はゲロを吐いてから、そこから始まるのだと思います。