ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

日本一周ライダーのその後

大雪山でヒグマに出会った次の日、私は何もする気が起きなくてライダーハウスの椅子でだらけていました。

そこに痛車がやってきて「マスターいます?」とフリーランスっぽい風貌の男がやってきました。

「私ですが・・」というと「覚えてます?」

 

 

ああ

 

ああ!

 

たしか美瑛に来て2年目ぐらいのときの日本一周ライダーでした。

「元気?いま何してるの?」

と聞くと、とても為になったという話。

 

痛車の取材をさせたら世界一

「ライターとカメラでなんとかやってます」

というので、興味がある私はいろいろ聞きました。

「ライター?俺もいまランサーズやってるんだよね」

「ああ、あれ食えないですよね。僕は自分から売り込んでます」

 

つまり世の中にメディアというのは結構あって、その外部ライターをやったり

「こんな取材するけど、記事買いません?」と提案したりするらしいです。

「行動力だけは、バイクの旅で磨きましたから」

という彼は確かに当時から行動力にあふれていたなあ、と思い出します。

宿をやりたい!というので、私やいろんな人に会って話をしてました。

「でも、自分を隠していたんですよね」

「僕は、自分がオタクということを隠すのを辞めたんです」

ああそうか

 

彼の乗ってきた車はかなりのレベルのラッピングが施されていて、普通に買ったら軽自動車ぐらいする費用がかかっているはずです。

「いろいろあって痛車の取材をするようになって、世界中を飛び回ってます。日本の痛車は実は世界で求められているんですよ」

台湾、アメリカ、ヨーロッパなどに取材で飛び回っているらしいです。

そしてそのついでに現地の観光をしているとのこと。

痛車の取材をさせたら日本、いえ世界一です」

ときっぱり言いました。

 

ガーン

 

という衝撃。

 

世界一のモノをつくって売り込めばいい

私も「ドローン屋をやりたい」とは言ってますが、どうやってお金にすればいいのか?わからないのです。

まずは技術を上げようと飛ばしまくってますが、そこからどうすればいいのでしょうか?

そんな話を彼にすると「簡単ですよ、売り込めばいい」とのことでした。

 

そうだよなあ、そうだよ

 

彼だって痛車で世界一になってるわけではなく「痛車の取材で」世界一を名乗っているのだから、私だって出来るんですよ。

「美瑛で車やバイクをドローンで取らせたら世界一」と名乗ることが。

その自信と作品をもって、車の走行会とかライダーに提案してお金を貰えばいいんです。

夢をかなえるのは愛とこだわりと行動力だよな、ありがとう、そーみん。

「仕事があるので」と別れたけれど、1時間くらいの会談で衝撃をくれた彼はやっぱり世界一の男なんだなあ・・と思いました。

 

zakuzaku911.com