ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

ライダーハウスと大麻について

ライダーハウスをやっていると大麻の話になったりします。

なのではっきりと立場を表明したいと思うのですが、「私は大麻をやっている人を発見したら、警告なしで警察を呼びます」。

その事情について。

 

過去に閉鎖になったキャンプ場たち

富良野や美瑛には過去に人気のキャンプ場がありました。

それらはすべて閉鎖したり、縮小したりしています。

バイクブームが去り、利用者が激減したのも原因の一つですが、もう一つ原因があります。

それは大麻です、キャンプ場の利用者の中に大麻を吸っていた人がいたのです。

それが原因で潰れたキャンプ場もあります。

なのでライダーハウスではそのような行為を発見した場合、容赦なく警察に突き出す所存です。

 

「悪いものではない」という話について

日本人と大麻の関りは深く、医療用大麻の解禁を政策に挙げて立候補した人もいるくらいです。

ほかにも大麻の話になると「悪いものじゃない、みんな誤解している」という話を聞きます。

そのような話に耳を貸すつもりはありません。

なぜなら「大麻はダメ」とルールで決まっているからです。

ルールで決まっているから、それに従うのです。

「悪いものじゃない」という話は、そのルールを変えようとしている政治家にでも話すべき内容です。

このことについてわかってもらいたいので、ちょっと極端な例を出したいと思います。

 

「なぜ、人を殺してはいけないの?」

論理的に「なぜ人を殺してはいけないの?」という疑問に答えることは不可能であると言われています。

哲学者でも明快な答えを出すことのできない問いです。

でも、人殺しはもちろん悪いことです。

だから社会はルールを作りました、「殺した奴はぶち込むぞ」と。

そうしないと正常で理性的な社会を運営できないからです。

「良い」とか「悪い」とかの話ではありません。

そんな話ではないのです。