ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

十勝岳失敗とマヴィ友にであった話

チャリダー3人を含む5人で十勝岳へ行ってきました。

天気は上々でしたが、風が強かったです。

そしてかなり突発的なイベントだったので、装備が不十分。

とくにユダ中の靴は、水遊び用のサンダルです。

私もドローンを持っていきましたが、強風で気分がなえました。

3分の1くらいの非難小屋でけんさん、ユダ中と私がドロップアウト

にんじんマンとナスくんは山頂を目指したいということだったので分かれました。

写真を撮りながら降ります。

f:id:hatinoyado8:20170609231042j:plain

岩の左から霊現象が・・・

f:id:hatinoyado8:20170609231148j:plain

セッティング風景

f:id:hatinoyado8:20170609231210j:plain

そんなくだらないことをしつつ降りていたら、女性が一人で立っていました。

「なにをしてるんだろう?」と見ると、あ!

f:id:hatinoyado8:20170609231323j:plain

「MAVICだ!」

「持ってるんですか?」

からのドローントーク、いやあこんなところで偶然マヴィともに出会えるとはラッキーでした。

 

※※※

 

下界に降りて、山頂アタック組みが降りるまで草を刈ったりして時間を潰します。

今日から横の倉庫で産地直売をやる人がいるので、だらしないのは見せられません。

ある程度やったら電話がなってお迎えに行きます、天気がよくて素晴らしいドライブでした。

ただ、やはり山の風は強く、三分の二までいって帰ってきたようです。

「いままで感じたことの無い風でした」

ということです、まあ山頂だけが山ではないのでよい登山だったといえるでしょう。

なにせ彼らは日本一周をしているのです、山に登るシュミができればより充実した旅になるでしょう。

その口開けに十勝岳は良い選択だったんじゃないかなと、そんな風に思っているのです。

 

※※※

 

宿に戻るとマヴィ友がいました、山でナンパして正解だったといえます。

ドローントークに花が咲いて、時間になったので居酒屋開けます。

今日は結構忙しく、にんじんマンに助けてもらいました。

さすが元ホテルマン、接客業は完璧です。

フロアを彼に任せて作りまくりました、いつもだったらぐったり来ている量ですが今日は大丈夫。

さすが2馬力は違います。

彼は「最寄のパイロン」というパワーワードを作った人です。

あまりに疲れきって、駅前の最寄のパイロンの中で寝たことがあるという話。

「入った記憶は無いんです」ということです。

疲労と天候と気温から、本能がパイロンの中で寝ることを選択したのでしょう。

ってかでっか!そんなパイロンあるんでしょうか。

f:id:hatinoyado8:20170609232802p:plain

ありました。

 

数時間後、何とか終了。

バイト代代わりにまかないを振舞います、もらったアスパラで。

アスパラチャーハンと、アスパラパスタと、アスパラを卵で包んだものと、アスパラリゾットでした。

f:id:hatinoyado8:20170609233157j:plain

十勝岳の山頂は拝めませんでしたが、チャリダーを登山に巻き込むことが出来、マヴィともとであい、最寄のパイロンで大笑いした良い一日でした。

広告