読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

認定された

先日、4月にやっていた仕事から外されるという出来事がありました。

自分でも力不足は感じていたので、本腰を入れてやっていた仕事でした。

仕事の内容は文章を書く仕事です、もともと好きでやっていたことでした。

それがお金になるのですから、楽しかったです。時間を忘れて取り組みました。

仕事として書く文章は、シュミのそれとは大きく違います。

一体何を伝えたいのか?そしてどうやって伝えればいいのか?

その方法を私は持っていなかったのです。

武器を持たずに戦場に足を踏み入れていたことにやっと気づいたのです。

 

※※※

 

仕事を外されたので、時間があまりました。

なので勉強することにしました。そのための文章力の本を買いました。

図書館で読んだ本を買ったのは初めてです。文章力の本はいままで何冊か買ってあったのですが、どの本も素晴らしいです。読みたくなったら図書館に行けば良いのですが、この本は買わずにはいられなかったのです。

 

 直感ですが、この本は将棋の格言書に近いです。

将棋に強くなるにはいろんな方法がありますが、ひとつは「将棋の格言を覚える」ということです。

将棋の格言とは、「ふんどしの桂」とか「金底の歩岩より硬し」とかです。

一つ一つ覚えることで、階段を登るように強くなっていくのです。

将棋の強さも文章力も数値化できるものではありませんが、格言を一つ覚えることに一つ強くなるのは間違いありません。

 

※※※

 

そんなわけで、少しずつ武器を増やして行こうと思います。

同時に新しいライティングの仕事も探していきます。

戦場におっかなびっくり出たり入ったりして、経験値を増やす算段です。

そんな決意を固めていたらランサーズからメールが

「おめでとうございます!認定ランサーになりました!」

頭の中が

で埋め尽くされました。なぜ谷に突き落としたあと、梯子をかけるのでしょうか?

いじめでしょうか?それとも同情でしょうか?あ、わかったお金を取るのかな?

と思ったら違います。認定ランサーとはスキルが認められて

「この人だったら仕事まかせても大丈夫ですよ!」という称号(無料)なのです。

認定ランサーになるためには、レスポンスがいい人であるとかの条件が必要です。

いつの間にか条件をクリアしていたらしいのですが、その条件のうちの一つに

「売り上げ上位20%に入っていること」

があるらしいのです。

私は

 

・・・ライティングで食っている人っていないのね

 

としみじみ思いました。4月は確かにがんばりましたけど、ライターといえるほどではありません。

まあ、認定はありがたいのですが、どうせ夏の間は売り上げが落ちるのだからすぐに取り消されるでしょう。

そんな認定よりも、今は武器が、頭の中に武器が欲しいのです。

広告

 

 

 

広告を非表示にする