読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

ドローンパイロットの需要はこれから増えると思う

ドローンを飛ばすのに必要な書類は複数あります。

多くは国土交通省に、フライト許可の書類は数種類あります。

その中の一つに「パイロットが誰か」というものがあります。

つまり「ベテランである」というのは信頼を得るために重要なファクトです。

ドローンパイロットの需要はこれから増えていくでしょう。

 

※※※

 

2015年に改正航空法が施行され、ドローンが法律に登場しました。

それから2年、法律だけでなく政府や首相の発言にもドローンは登場しています。

www.kantei.go.jp

「公共事業にも積極的にドローンを導入するべきである」

という内容です。

労働力の低下と、作業の危険性をやわらげるためです。

ドローンが建設現場に投入されるのは未来の話ではありません。

んで、ドローンパイロットのライセンスってのは公式なものはまだありません。

DJI社や複数の民間が発行するものだけです。

だからそれよりも大事なのは経験であるといえます。

実際にフライト許可をとり、長い時間経験を積んだ人。

そんな人がこれから求められていくのでしょう。

 

※※※

 

で、ダメ元で美瑛の空撮会社をつくってみたいです。

本気じゃないです。

「できるといいな~」

ぐらい。

大事なのはフライト許可を取りまくり、美瑛の空を飛ばしまくる経験なのです。

そうすれば信用は積み重なっていくし、仕事になるかもしれません。

会社を作り、実績を積めば、建設業界に営業に行くことができます。

誰か作ってくんないかな~、いけるとおもうんだけどな~

広告

 

 

個人レベルの妄想でした。

妄想したっていいじゃない、Airbusだってやってるんだもの

www.borg.media

 ぜったい無理だと思う

広告を非表示にする