ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

名古屋とクレバス、特異点

まとまりの無い雑記です

 

WORLDORDERの新しいのがありました。

3・11にあげられてます、まだ見てない人はぜひ。

名古屋で撮られたみたいです。

丁度名古屋について調べていたので、なんかシンクロしてるなあ。

 

全然別の話

ヒデゥンクレバスに落下した日本人女性の話を知りました。

www.shikisoku.com

なにが悲しいって、クレバスに落下した人を助けようと降下したんです。

声とザイルが届くところまで入ったのですが、それをつかんで上昇する力が残ってない。

「しっかりしろ」と大声で彼女に呼びかけながらやっている時に、
「宮川さぁーん、私ここで死ぬからあー」
「宮川さぁーん、奥さんも子供もいるからー、あぶないからぁー、もういいよぉー」
という声。
かなり弱った声だったが、叫ぶような声だった。
彼女自身でもう駄目と判断してのことだろう。

 

 なくなった方、救助活動をされた方、遺族、またそれ以外の人に失礼かもしれませんが、とある想像をしました。

もし、自分だったら?

・・・・

・・・・

・・・・

せいいっぱいの明るい声を出したんだろうなあ・・

それってどこか文学的だな・・・

で、文学だったら最後にどうするかな?

誰もいない、おそらく怪我をしている、すっごい寒いクレバスの底。

救助隊を返した、助かる見込みは100%無い。

・・・

さらに底に落ちるか?

好奇心が死の恐怖を紛らすことはないだろうか?

ないか。

 

さて、ググって調べたのですが

”SINGULARITY”とは、技術的特異点という意味らしいです。

技術的特異点とは、AIが人間の知能を上回る瞬間のこと。

とある予想では後数年で起こるらしいです。

たとえば、AIが絶対生還不能のクレバスに落ちたらどうするのでしょうか?

「そもそも、そんな危ないところには行きません」

と言いそうです、初音ミクのボイスで。

 

クレバスの底には異世界につながるゲートが空いていて、そこからラノベ的世界が広がっているんじゃないかな?きっとそうだ、そうに違いない。

広告

 

 

 

広告を非表示にする