ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

北海道で一番うまいのはかねひろの青です

うまいものには人それぞれの好みがあって、それに勝敗やランキングはつけられません。 私はこれから北海道で一番うまいと思っている食べ物について語りますが、それは「○○よりうまい」とか「○○よりすぐれている」といったものではありません。 あくまで自分がかってに思っているだけですのでご了承ください。

 

さて、みなさんは「かねひろの青」についてご存知でしょうか

 

f:id:hatinoyado8:20170313072531p:plain

http://www.chitosecity.com/users/watase/より

 

かねひろの青とは北海道の長沼町にある「かねひろジンギスカン」のマトンをつかったジンギスカンです。

北海道のJA(農協系)スーパーである「ホクレンショップ」にて取り扱っています。

ひょっとしたらそれ以外でも買えるかもしれません、北海道限定でないかもしれません。

「北海道」といっても、肉はだいたいニュージーランド産なのが当たり前です。 それでも北海道にはさまざまな種類のジンギスカンがあるのです。

その違いはタレの違いです、漬け込むタレの味でジンギスカン業者は差別化を図っているのです。

北海道のスーパーに行けば、最低でも5種類はジンギスカンがならべられているでしょう。

やすくても一人前5~600円はします、そしてかねひろの青は1kgで1500円ほどです。

1kgというのは、もやしとごはんをつけて、成人男性2人分くらいです。

ぶっちゃけ安くはないです。

それ以外にも肉を焼くためのセットが必要になりますし、かねひろの青を食うための準備はかなりめんどくさいといえるでしょう。

それでも、豊穣な北海道グルメの中でも一つだけ胸を張ってオススメするといえばかねひろの青なのです。

だれにでも進められて、かつオリジナリティがあるというのは意外と難しいです。

海のものなら、どれも美味すぎてどれか一つというわけには行きません。

というわけで北海道に来たのならかねひろの青がオススメですよ。

広告

 

 

 

広告を非表示にする