読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

カブのオイル交換のとき、ドレンボルトをどれくらい閉めればいいのか

スーパーカブ110

初めてカブに乗ってから15年ほどがたちました。 

これまでオイルを交換した回数は数え切れませんが、いちどもドレンボルトが緩んでとれたことはありません。

かといって力任せに締め付けているわけでもないです。 そんなことをしたら取り返しの付かないことになりかねません。

ドレンボルトを閉めるときのコツは「んきゅっ」です。

 

f:id:hatinoyado8:20160927224040j:plain

 

オイルを交換して、ドレンボルトを締めます。 かるーくです、かるーくまわして、回らなくなったら

まず指2本で

とまるまで回しましょう。

強い力で締めすぎると、ドレンボルトが舐めてしまって下手すると廃車です。 でも大丈夫、やりすぎなければいいんです。

指2本で回らなくなったら、最後にレンチの端で2cmぐらい締めます。 レンチの長さによって違いがあると思いますが、だいたい2cmです。 んきゅっとね、んきゅっと。

そしてオイルを入れて、エンジンをかけてみて終了ですが、もっとも大事なのは次に乗るときです。

 

※※※

 

オイル交換をして、次に乗るとき。 カブの下部に注目してください。

オイルしみができていませんか? 

もし出来ていたら、オイルが漏れています。 ゲージでオイル量を再確認して、もうちょっと締めてください。

カブはちょっとやそっとのオイル減りで壊れたりはしません。 少量でも入っていれば大丈夫です。 問題なのはオイルが0で走ってしまうことです。 そのときはさすがのカブといえど、エンジンが焼きついて、最悪廃車になってしまします。

慣れてしまえば、どうってこと無い作業ですが、それでも怖い人にはこんな商品もあります。

norisoku.com

もしくは上から

 

 

広告を非表示にする