ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

得意と孤独

自分で設定した、今月のライティングのテーマは

「締め切りのある仕事をやってみよう」

というものです。

すこしおっかないです。

いえ、かなりビビッています。

勇気を振り絞って、出来そうな案件におそるおそる手を挙げるのですが、

なかなか採用されません。

うーん、でも絶対にクリアしなくてはいけない関門なので、これからもおそるおそる手を上げ続けていく予定です。

 

※※※

 

さて、こんな記事をよみました。

www.ikedahayato.comより

月1〜2万円は簡単です。でも、月収20〜30万円を稼ぐのは、めちゃくちゃハードルが高いです。肌感覚としては、月収10万円あたりで一つ目の壁が、20万円でもう一枚壁があるようなイメージ。ここを越えられる人はそう多くないですね。

 実際、クラウドソーシングをやってみて数ヶ月たちましたが、確かに1~2万は難しくないです。 でも10万の壁を越えるには、締め切りのある案件を複数抱えて、週6日は働かなくてはいけないと思います。 そっから先はセンスが必要かもしれません。

それと、これ

「誰でもできる仕事」は価格競争に陥るので、やればやるほど消耗していきます。クラウドソーシングはまさにそうなってますね……。

 誰でも出来る仕事は安いです。 でも、専門的な仕事なんて出来ないので、誰でも出来る仕事をしていくしかないんですが、徐々に自分の得意がわかってきました。

わかってきたので、そればっかりやることにしました。 すると、自分で意識できるぐらい、生産能力があがりました。

 

センスと得意を磨くことが大事なのです。

 

※※※

 

ライティングを本業にするには、センスと得意分野が必要です。

これから必死にその二つを磨いていくつもりですが、そのタイムリミットは次の冬です。

それまでに10万の壁を越えられたら、アルバイトをしなくても大丈夫でしょう。

 

まず、誰でも出来る仕事を出来るようにならないといけませんね、自分にしか出来ない仕事はそれからです。

人には得意があるように、不得意があるのです。

自分の不得意は失敗から学ぶしかありません。

失敗と無駄な努力をばら撒いて、やっとなんとなく自分の得意が浮かび上がってくるのです。

自分の得意はある時、ふと気が付くんですよ

「あれ、みんなは?」と

自分の得意なことは、孤独とセットです。

一人やり続けていたら、目の前に誰もいなくなって、誰もあなたのペースについていけなくなるジャンルがあります。

それがあなたの得意なことです。

周りにワイワイ同じレベルの同業者がいて、あなたのことを理解してくれる人がいっぱいいるときは、それはそんなに得意じゃないことです。

 

広告

 

 

広告を非表示にする