読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

カブというスタイル

スーパーカブ110

異常だからいいのです、狂ってるから面白いんですよ。

f:id:hatinoyado8:20170104214109j:plain

 

コミックマンガワンというアプリで「闇金ウシジマくん」を読みました。

 この作品は作者の取材が凄いことで話題になりました。

realsound.jp

「神は細部に在る」の言葉通り、作品は生々しいリアリティで、読んでいると息苦しくなるほどです。 で、この作品の中で闇金に借金するのは、だいたいギャンブル中毒か、見栄っぱりなんです。 ここに私は感心しました。 貧しい人ってだいたい見栄をはるんです。

 

収入にフィットした生活ができない人が借金をします。 飲み屋に行っておねえちゃんに酒をおごるのが好きなフリーターや、VIPカーを乗り回すワーキングプアがいるんです。 エルメスを持ち歩くギャルがいるんです。 欲しいから買ったのでしょう、でも、それって見栄がはいっているんじゃないでしょうか。

 

現代日本で見栄を張ることは、かなり形骸化しています。 つまり「私は貧乏です」というのが当たり前になってきたのです。 それはかっこ悪いことではありません。

先日「車買わないんですか?」と言われ「カブがいいんです」と答えました。 私にはカブがフィットしてるんです。 車を所有しているときは、足に重りがくっついている気分でした。 カブがいいんです、これが私のスタイルなんです。

誰もやっていないからいいんです、カブを冬に乗るってのが超マイノリティだからカッコいいんです。 狂っているから面白いんですよ、正常から離れた距離が面白さになるんです。 指を指されて笑われていることに誇りを持たなくてはいけません、少なくとも、指を挿してる人より自分のほうが面白いからです。

そんな自己正当化でした。

広告

 

 

 

広告を非表示にする