ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

334記事書いたので、レバンガ北海道について語ります

さっきの記事で334記事書きました。

334とは阪神ファンにとって呪いの数字であり、

同時に笑いのネタであります。

f:id:hatinoyado8:20161214223553p:plain

「 阪神と334とレバンガ北海道の何が関係あるの? 」

と思われるかもしれませんが、ちょっと聞いてほしいんです。

広告

 

 

今度の金曜日にアルバルク東京戦があるよ!

アルバルク東京というチームと対戦するのだ。

強敵である。

日本代表や、元NBAをさらっと連れてくるし、

前身がトヨタで名門だし、ホームが代々木第一とかいうかっこいいスタジアムなのだ。

特に胸板が女性の肩幅くらいある、トロイ・ギレンウォーターという黒人が怖い。

2分20秒くらいね。

「 ゴール下の赤木的な人でしょ? 」と見た目にだまされてはいけない、

トロイ・ギレンウォーターは赤木の皮をかぶった流川だ。

繊細な3Pをパスっときめてくる。 ずるい。

 

成り立てほやほやのレバンガファンとしては

33-4のようなワンサイドゲームは見たくないのだ。

でも見ないわけにはいかない。

それは、ただファンだからってわけじゃなく、

この選手のプレイを目に焼き付けておきたいからだ。

 

折茂武彦である。

プレイヤー権オーナーという、プロスポーツにおいて前人未到の道を

歩んでいる人だ。 まあ、やろうと思えばソフトバンク孫正義オーナー

だって、権力を使えばベンチに座るぐらいはできるだろう。 

折茂がすごいのは

「 シューターとしていまだ一級品 」であるということだ。

46歳である。

社長をやりながらである。

アルバルク戦にもきっと出場するだろう。

プレイタイムは短いかもしれないが、ここは点がほしい!ってところ

で出てきて、安定したシュートを決めるはずだ。

 

そんな男が作り上げた苦労の結晶のような北海道のチームが

ギレンウォーターとかいう反則みたいな奴がいるチームと戦うのだ。

肉弾飛び交うディフェンスをかいくぐり、折茂社長が何点決めることができるか?

16日(金)はBSで放送があるので、ぜひ見守ろうじゃないか!

 

追記

 いや、すっげー面白かったよ!

試合速報 - レバンガ北海道

負けたけどさ、最後の3分までわからんかったよ。

ギレンウォーターが3rdで退場になっちゃって、

折茂社長のシュートもいいところで決まって、

「 うおーーーーー! 」とか声出ちゃったよ。

でも、東京のギャレットって元NBAがやばいの、

まじでダブルチームにいかないと止められないし、

止まらないの。 いやー敵チームながらかっこよかったわー。

これから継続してみるためにも、スポナビ登録するわ。

 

広告

 

 

 

 

広告を非表示にする