読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

ライダーハウスと女性について

広告

 

 

朝5時に起きる、 出勤まで2時間ある、

エレガントな時間の流れを味わいながらこのブログを書いたり、コーヒーを飲んだりするのが好きだ。

 7時になったのでBSニュースが国内になったとき、

朝のエレガントな時間は爆撃を受けて崩壊した。

テレビに映るのはいつものキレイな女性キャスター、

いつもと違うのは彼女の服だ、あろうことか

体にぴったり( もしくはやや小さめ )のストライプが

入った シャツを着ているのだ。

( もちろんそうゆうデザインなのだろうが )そのシャツの胸のボタンは「 おっぱいがでっかくてはちきれそうです! 」って感じで左右に引き裂かれそうになっている。

 

はあ~、でっか

 

とあんぐりしてたら出勤の時間になり、その日は頭の中が彼女 ( の胸 )でごっちゃりした。

「 おっぱいのプラスティックボムや… 」と100個ぐらい  おっぱいの○○ で例えを作っていた。

男の完璧な理性の城に女はドライブスルーで入ってくる。

ライダーハウスもそうだ。

 

ライダーハウスのトラブルはだいたい酒なのだが、

そこに「 女性 」が絡んできたら、破壊力は乗 倍でやばくなる。

気づいたときには止められないことがほとんどだ。

もちろん悪いのは女性ではないことが 多い、

酒を飲んで暴れるのはもっぱら男で、

女性はただそこに参加してただけって だけなのだ。

( もちろん原因そのものの女性もいる )

とても礼儀ただしく、おとなしい男性が

午前3時にあ!?こら!?あああ??? おうおう!?

と暴れるのだ 。

 

「 いっそのこと女人禁制にしてはどうか? 」

そんな考えもあったが、ライダーハウスにくる女性のおおくは

 とても豊穣なキャラクターの持ち主が多く、

年をまたいで語られることがある。 伝説のように。

 アイヌの物語のように。

インディアンの教えのように。

そんな彼女たちに出会うことがライダーハウス管理人の 

仕事の喜びの一つであるので、やはり女性部屋は必要だ。

彼女たちもまた、男の理性の城のフリーパスをもっている。

もちろん、女性の城のフリーパスを男が持っていることもあるだろう。

そこらヘんが面白いのかもしれないな。

 広告

 

 

広告を非表示にする