読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

カブ110が90よりも優れているところ

バイク スーパーカブ110

広告

 

 

 スーパーカブのブランドイメージって

「 壊れない 」

ってことだと思うのよ。

それを作り出したのは110cc以前のカブシリーズ

にほかならなくて、このイメージがあるから

現在の110が売れているってことよね。

アタシもMD90とリトルカブに乗っていて、

とくにMD90には仕事とプライベート 両方でお世話になったわ。

それから110( JA07 )に乗り換えたんだけど、

配達の仕事でも110にはお世話になったから、

90から110への移行は衝撃だったわね。

外見が似てるってこと以外で

カブらしさ

ってのは全くなかったわ。

いえ、もちろん遠心クラッチや足まわりなんかは

カブなんだけど、ど真ん中がズレている感じがするのよね。

どうしてかしら?

それはやはり、あの耐久性、

「 壊れない 」神話が なくなっていることだと思うの。

 

 

 90シリーズのカブは「 鉄 」でできてるわ、

それに対して110は「 プラスチック 」よね。

エンジンはアルミだし、細部のパーツの耐久力も

90に比べて貧弱だと思うわ。

配達に使っていたとき、110が登場すると

みんな乗りたがったんだけど、すぐに90が

奪い合いになったのよ。

道具として耐久性がなかったのね。

おかげでアタシに110がすぐに回ってきて

「 あ、これはいい 」って思ったの

 

配達の仕事ってのはゲームなのよ、

レースゲーム。

早く終わらせた人の勝ちなの。

それにアタシは参加しなかったの、

仕事ってよりツーリングの感覚だったわね。

そんなスタイルには110はぴったりはまった のね。

エンジン性能を ぎりぎりまで使う人と

余裕を持ってバイクを楽しむアタシ。

110はいいバイクなのよ、カブ のイメージはないけど。

 

 

4速110ccの丁度良いパワーは

買い物にもツーリングにも使えて、気持ちいいの。

使い倒す道具としてはもろいけど、

大事にバイクを乗る人にとって問題にならないわ。

「 90に比べて耐久性が… 」ってひとは

よっぽど悪いたまに当たったか                          スピードレースをやっているんじゃないかしら?

きちんとオイルを変えて、チェーンに油をさして、

 消耗品を交換できて、たまに バイク屋に持ってく人に、

耐久性の問題は気にならないんじゃないかしら?

 

 

 北海道の田舎で使っていても、これ以上のトルクは

いらないわね。 山に登るときも苦しくないし、

平地やなだらかな下り坂では風に乗ったような

静音性、スピードを味わえるわ。

この余裕は90には無かったところね、

90では届かないカユいところに

110cc 4速は届いてると思う。

 

そして、何よりインジェクション!

いま、外はマイナス10℃くらいの気温 なんだけど

セル一発でかかるのよ!

燃費も含めインジェクションのご利益は 感動的ね。


f:id:hatinoyado8:20161208072046j:image



こんなまねができるのも110カブだからこそね。

関連

 

hatinoyado.hatenablog.jp

 

 

hatinoyado.hatenablog.jp

 

 広告

 

 

広告を非表示にする