ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

ブレイン・ダイバー

その昔「 女神転生 」というゲームをやった。

現在もシリーズが続いている大ヒットゲームなんだけど、

現在のゲームとファミコンとは比べ物にならない「 ナニカ 」

があった。

「 ドットって良かったよね~ 」と懐古厨になる気はないが、

可能な限りデータを節約したシンプルなキャラクターは

子供の想像力と共鳴して、より深くストーリーにもぐりこむのだった。

 

その「 女神転生 」なのだけど

すっごい怖かったところを今でもはっきり覚えている。

「 ブレイン・ダイバー 」というキャラだ。

広告

 

 

脳に入るやつ

その名の通り頭の中に入っていくことが出来るって

設定のキャラクターで、主人公であるアタシは

ブレイン・ダイバーを探して、他人の脳に入り、

重要なキーアイテムを持ってこなくてはいけない。

ってことなのよ。

いやあ、怖かったな。 だって脳よ?脳。

暗闇が怖いのは、見えないので想像力が働くからじゃない?

脳だって目に見えないし、何やってるかわからないし、

結構こわいよね~。

子供だったアタシは「 ブレイン・ダイバー 」がアタシの脳

にも入ってくるんじゃないか?って怖かった。

だってわかんないじゃん、脳の中って。

ゲームから感染するんじゃないかって思ったのよ。

ひょっとしたらアタシにもブレイン・ダイバーの素質があって

ゲームによってなにか開いちゃいけないものが開くんじゃないか?

だって、原始時代は言葉じゃなくてテレパシーで会話してた

ってどっかで聞いたことあるし!

 

って思い出を思い出してたら

ブレイン・ダイバー主人公のトラブルバスターもの

って面白いんじゃないか?

って思ったの。

 

でも、実際脳みそをハッキングするって

難しいわよね。

言葉じゃデータ量が足りないし、

人体にUSBスロットが装備されてなんとかかなあ?

それじゃ完全にSF( ブレインダイバーで十分SFなのだが )だし

やはり言霊とか霊的なナニカをつかって

他人の脳にハッキングするってのがアツい展開よね。

触媒に完全霊体質のキャラクターがいて、

交渉術でブレイン・ダイブする主人公。

理性の壁を越えると、狂気の楽園だった!

 

って話を考えてたら今日の仕事終わり。

話を創造するって、結構なブレイン・ダイブよね。

おしまいに、今日作ったなにか。

f:id:hatinoyado8:20161128224136p:plain

広告

 

 

 

広告を非表示にする