ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

旭川入りにくいラーメン屋、ニューホームラン

世界入りにくい居酒屋という番組ってしってる?

www.nhk.or.jp

いろんな国の、ちょっと奥まった居酒屋( Bar )を紹介する番組なんだけど、とっても面白い。 

なんかどくとくのユルさがあって、

昼からへべれけに飲んでいる各国のダメ人間を映したり、

フツーに美味しそうな料理を紹介したり、

店主のいきさつなんかを知ることが出来る。

で、アタシは「 働きまくる店主 」って話に弱いみたい。

世界中どこでも飲食店ってのは労働時間がくっそ長くて、

朝から仕入れにいくも、夜までずーっと働き通すってやつ。

もちろんそれにはいろんな理由があって、

お金だったり、

惰性だったり、

信念だったりするんだよね。

で、日本にもそんな店がいっぱいあるんだろうけど、

旭川のニューホームラン( ホームラン軒 )というラーメン屋が

「 入りにくい 」テイストをもったいい店なんだよって話。

広告

 

 

店構えが入りにくい

f:id:hatinoyado8:20161119195944p:plain

https://retty.me/area/PRE01/ARE271/SUB27101/100000879699/より

普通の民家っぽいサッシをあけて入る。

ちょっと勇気がいる、さらに

忙しいときは中から鍵がかかっているかもしれない

最初に行ったときは20人以上のお客さんがいて

どうやらおばちゃんが一人で廻しているみたい

見ているだけでも、

・・・・・・大変だ

と感じる労働量。 馬車馬のようにラーメンを作り、注文を受け、

生産をするおばちゃん。

だからのれんがかかっているのに、ドアが開かないときは察してあげよう。

注文は口頭で言いに行く

ニューホームランを紹介する以上、これは抑えておかなくてはいけない。

前述の通りおばちゃん一人で切り盛りする店なので、

「 すいませーん 」といっても注文なんてとりにいけない。

心を鬼にして、厨房でシャカリキになって働いているおばちゃんに

「 しょうゆ一つ 」とオーダーしなくてはいけないのだ。

さらにランチタイムならライスがサービスでつくから、

これも「 ライスもちょうだい 」と先に言ってあげるのが

やさしさだろう。

意外な味、濃厚でうまい

f:id:hatinoyado8:20161119203142j:plain

 さて、肝心の味である。

「 どうせ年配の方が作ってるのなら、体に優しい薄味でしょ? 」

と勘ぐっちゃうのも無理はないけど、それは違う。 オスカーと夕張映画祭大賞ぐらい違う。 ぜんぜん違うのだ。

実に濃厚、どっしりとした旭川ラーメンスタイル。

麺もしっかり固めで細くちぢれていて、

めんまもコリコリ、チャーシューは分厚いオールドな豚モモのやつ。

最近は脂身こってりのデラックス感のあるチャーシューが多いが、

「 脂身こってり?ははは、チャーシューはこの歯ごたえ!これが命! 」って主張してるんだ。

たしかに、いままでいろんなラーメン、チャーシューを食ってきた。

豚モモはスープに絡みにくく、減少傾向にあるだろう。

わすれていたよ、「 ちぎちぎ 」と歯で噛み切る豚ももの繊維の美味さ! やっぱこれだよなあ!

とてのひら返しをすることになるだろう。

お値段異常

これで550円である。

??

?????

安い。

前述の通りおばちゃんはめっちゃ忙しいので、

あらかじめ会計はぴったり用意するのが粋だろう。

常連は

「 ここおいとくねー 」といって

さっさと済ますのが多いみたい。

 

ニューホームランのおばちゃんをココロのそこからリスペクト

おばちゃんはいったい何時から、どれくらい働いているんだろう?

楽しそうに常連さんとトークするおばちゃんに、疲労の色は見えない。

それどころか楽しそうだ、とても楽しそうである。

アタシはニューホームランのおばちゃんのようになりたい、

550円をとっくに飛び越えてるラーメンを作りまくっている彼女に、

心の底から尊敬してる。 

[食べログ]アクセスが制限されています

ニューホームラン - 旭川四条/ラーメン [食べログ]

広告

 

 

広告を非表示にする