ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

葛藤から脱出するためには

葛藤は内向的人間の、自分自身への攻撃である 

               -加藤諦三

 

ココ最近、職場にいる理不尽マンの理不尽な振る舞いに怒っていた。

怒っていたが、口に出せなかった。 なぜなら理不尽マンは新人のハケンさん

にしか怒りを向けない。 それがいかに理不尽な振る舞いでも、

「 いやいや、それちがうでしょ 」って口を挟むのはちょっと難しかったんだ。

アタシもしょせんただのバイトだからね。 

だからなんとか1対1で、正面からがっぷりと

ディスカッションする状況に持ってこれないかな・・・・

そしたらこーして、あーして、そーするんだけどな。

うまくいったら気持ちいいだろうな、

あーこっちに怒りを向けてくれないかなあ?モヤモヤするなあ。

 

そんなモヤモヤが一日中思考のルーチンを駆け巡っていて、

「 あ・・・これ葛藤してるな 」ってはっきりとわかったんだ。

葛藤ほど無駄なエネルギーロスはない

いち早く葛藤の無限ループから抜け出さなくてはいけない

葛藤の原因である理不尽マンに面と向かって怒られて、

そして自分の意見をぶつけないと葛藤からは逃げられない。

で、今日そのチャンスがやってきたんだ。

広告

 

責任者に勝手になってみた

今日で3日目の理不尽マンとの仕事。 3日目だからやるべきことはわかってる。

だから始めてきた人とかを教えたり、作業全体の流れを見たり、理不尽マンに報告したりする責任者を勝手にやってみた。

声を出し、仕事を割り振った。

段取りを決め、準備に取り掛かった。

初めての人には最も簡単な作業をお願いして、最初は上手く行くかと思ったけれど、やっぱりちょっとしたコツを伝え忘れていて、理不尽マンの怒りが爆発!

「 いったい何度言えばわかるのよ!!?? 」( 怒られている人は今日が初日、初めて聞く話である )

 来た! 

「 ああ!ごめんなさい! ボクのせいです! キチンとこのことを伝えてなかったボクが悪いんです!! 」

 さあ来い! アタシに怒りをぶつけて来い! はっけよーーーーーーーい

「 ・・・いや、あんたはいいんだ・・・・ 」

 えええええええええええええええええええええええええええ??????

ヘイヘイ!カマンカマン!!そんな事言うなよ!理不尽マン! どう考えてもお前の仕事だけど、アタシが責任取るっていってんじゃん!!

 

 

 

 

 

 

 

 

     あ

 

 

 

 

 

     わかった

 

  

 

 

 

 

    コイツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 弱い人に当たってるだけなんだ・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葛藤から脱出するためには

心理学の一分野、交流分析において「 ストローク 」という概念がある。

ta.direct-comm.com

我々は「 あいさつを交わしたり 」「 天気の話をしたり 」「 ドーデもいい話をしたり 」しなくてはいけない。 

なぜならそれは、「 相手の存在を認め、確認しあう行為 」だからである。

我々は、これがなくては生きていけないようになっているのだ。

 

もし、あなたが葛藤を抱えているのなら、最初にやるべきことは

「 挨拶 」

つぎに

「 天気の話 」

そして

「 おいしいラーメンの話 」

などをしなくてはいけない。

その下地「 相手の存在を認めあう 」前戯ができでやっと

「 ココロを開く 」ってことが出来る。

 

葛藤から抜け出すにはそれしかない。 

ココロのゴミ箱にいくらゴミを押し込んでも、いつかはあふれ出てしまう。 

勇気を持ってココロを開こう

「 ここはこうなんじゃないですか? 」って言おう

問題は解決しないかもしれないけれど、葛藤からは抜け出せるよ。

相手のことをちょっと理解できるからね。

アタシも「 理不尽マン 」なんて言っちゃってたけど、これからは

「 弱いものいじめマン 」って言うよ。

それが正義かどうかは置いといて、アタシの葛藤は無限ループからどっかにいっちゃったからね。 

 

広告

 

広告を非表示にする