読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

レトロスペース坂という狂気- 北海道のキングオブBスポット -

前にさ、北海道のBスポットをまとめてみたんだ。

 

hatinoyado.hatenablog.jp

 そしたらさ、あのうわさに名高い

「 レトロスペース坂会館 」が

閉館の危機に晒されているっていうじゃない。

「 こりゃ、今年中に行かないとな 」って思いつつも、

日々の雑事に惑わされていけなかったんだ。

そんな8月の終わりの今日。 坂会館からお呼びがかかったかのような、まったりとした、用事の見つからない日。

しかも、バイクのリアタイヤの山が微妙に残っていて、どっかにすり減らしに行きたいなあって思ってた日。

美瑛に残っていたライダーに「 行ってくるよ 」と声をかけ、札幌は西区二十四軒まで行ってきたよ。

f:id:hatinoyado8:20160831205734j:plain

台風の残り香のような雨に打たれ、

なんだかんだ迷って、なんとか昼前に着いた。

初めての坂会館は、ウワサどおりの場所でした。

広告

 

 

坂会館とは

道民ならみんな知ってるんじゃあないかな? 

「 A字フライビスケット 」

 

f:id:hatinoyado8:20160831211123p:plain

道民ソールフード「しおA字フライ」ビスケット:応援します!北海道コンサドーレ札幌:So-netブログより

 

それの製造する会社の社長がやってる私設博物館だ。

その展示が狂気であると話題なんだよな。

入館料は無料。 

 

うわぁ、ここだよ、ココ。

ついに来ちゃった。

f:id:hatinoyado8:20160831210247j:plain

 ってか、結構でかい道にあるのな。

今回、坂会館のことを復習してたら、FBを見つけて

レトロスペースに対しても、その明け渡しと、それまでの期間、月67万2千円を払えという請求が、裁判所に出された。
戦うのみ。物を通して昭和の心を語る場所は守っていかなければ。
 
 平成28年8月23日

 

https://www.facebook.com/rsp.saka/より

 

 へえ、めんどうなことになってるんだ。 もし、ライダーハウスが同じような状況になってしまったら、アタシならどうするかな?

 

「 はい 」

 

って言って出てくな、まちがいない。

月六十二万の理由はわからないが、この会館を維持するにはとんでもないエネルギーと情熱が費やされているんだろう。

 

中に入るなり、すぐに

どきどきして入る

 

f:id:hatinoyado8:20160831211817j:plain

 

あ、

 

f:id:hatinoyado8:20160831211912j:plain

 

f:id:hatinoyado8:20160831211933j:plain

f:id:hatinoyado8:20160831211943j:plain

いきなり来たあ!

ほんとに!ホントに!あった!!

緊縛リカちゃん人形!

 

で、実際に見るまで勘違いしてたんだけど

コレは芸術なんだ。

人間のどす黒い腹の下。 普段隠してしまうパンドラボックスの中。

そんなのをいきなり見せ付けて、入館者をトばしてしまう仕掛けなんじゃないかな?

アタシも札幌市西区に来たつもりだったけど、

これを見た瞬間に

「 ああ、レトロスペース坂に来たんだな・・・ 」って

しみじみ思ったもん。

 

でね、ずんずん中に入っていくんだけど

アタマのなかに

「 ・・・ィイーーーーーーーーーーーーーン・・・ 」って音がかすかに聞こえて

平衡感覚がちょっとずれたんだよね。

アタシは

「 あれ、あの感覚じゃね? 」

って笑っちゃった。

アノ感覚、つまりは鎌倉の長谷寺に行ったときや、

熱田神宮の草薙の剣が奉納されてた蔵に近づいたときの

「 ・・・ィイイイーーーーーーン 」って感覚。

あれに近いのがレトロスペース坂で味わえるなんて

なんだかおかしかったんだ。 原因は不明だけどね。

さ、中に入ってこう。

f:id:hatinoyado8:20160831212651j:plain

平凡。 美人のパターン一覧。

f:id:hatinoyado8:20160831213108j:plain

開戦当時の新聞。 ここら辺は郷土資料館でも見たな。

f:id:hatinoyado8:20160831213156j:plain

りべらす。 なんの雑誌?

f:id:hatinoyado8:20160831213219j:plain

人間野獣、野獣先輩人間説。

f:id:hatinoyado8:20160831213521j:plain

個人的に気になった展示。

女子ジュニア体操のトロフィー。

 

芸術なんだけど、どこまで載せていいのやら

 うん、すごく面白い。

 でも、誰でも見れるネットで、どこまで写真を載せていいのかわからない。

だから文字で感じたことを書かせていただくと、

ここは「 エロスの郷土資料館 」ってカンジなんだ。

昭和の時代から、われわれを起立させていたコンテンツを保存、展示する施設だ。

それは公的なものではできないし、はじらいがあっても出来ない。

コレを無料でやってるってスゴイよ。

今日は本当にきてよかった。

 

大丈夫そうなもの

赤玉ポートワインのポスター

表情がなんともいえない。

f:id:hatinoyado8:20160831214511j:plain

買ってきた。

f:id:hatinoyado8:20160831214703j:plain

もちろん、ビスケットも買った。

こんな小銭でも坂会館が存続する一滴になるんならと思う。

 

まとめ

 レトロスペース坂は札幌にある無料の私設博物館だ。

その展示は狂気とエロスのたゆたんだ空間に来館者をひきずりこむ。

だれにでも薦めることができるような場所ではない、

が、アナタが緊縛されたリカちゃん人形に「 ナニか 」を感じるのなら、

ぜひ行ってみるべきだ。

きっと感じると思うよ「 ここは普通じゃない 」って。

 普通じゃないから、存続の危機なんだなって。

行くのを後にしてたらなくなっちゃうかもよ?

一緒に行ってくれる人を探してもいないって。

いまだよ、今。

今行くしかない。

広告

 

 

 

 

広告を非表示にする