ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

ポカンと空いた日

「 さあ、居酒屋をやろう 」とスイッチを入れて、足りないものの買出し。

帰ってきたら「 7名です 」とお客さん。 さあ、今日もめでたく寝台列車になり、

居酒屋をやらないで野球を見ていた平和な一日だったんだよ。

「 よかったね 」って思うかい?

こんな日でも、ちゃんと苦しいんだよ。

広告

 

 

がんばらなきゃいけない

 成長には痛みがともなうもんで、痛みがないってのは成長してないってことなのさ。

なにも作らなかったし、

なにも得なかったし、

なにも知ることはなかった。

 人生を螺旋階段にたとえるなら、今日は踊り場のようなところを歩いているだけで、

なにも上昇しなかったんだな。 それがわかってるから辛い。

「 ライダーハウスに人が来てるんだからいいじゃない 」って怒ってくれる人もいるだろう、ありがとう。 でも、だめなんだ。 

 苦痛がないことが苦痛で、

 不安がないことが不安なんだ。

現実と向き合い、戦い、打ちのめされなくてはいけない。 打ちのめされて、つぎの打ちのめされ方を考えなくてはいけない。 なのになんだ今日は? せっかく自由になる時間がやってきたのに、なにも生産しなかったぞ。 なにをしているんだ!

 

 

 

・・・とまあ、考えちゃうわけなんだよ、アタシゃ自分が精神的マゾヒストだってことを自覚してるからね。

 

もちろん、間違ってるって事はしってるよ、だってさ

 

体験しなくていい苦痛は時間の無駄である

 最近さ「 職人の修行って、無駄が多くね? 」って話をよく目にしないかい?

「 スシを握るのに、10年は必要ないだろ 」とかさ。 その通りだと思うよ、

もっと効率的な教育システムにバージョンアップするべきだよ。

 

 不器用な人ってのはやらなくていい苦痛をいっぱい抱えているよな。

 

頭を下げなくていい人に、頭を下げたり

あとでまとめてやればいいことを、いそいでやったり

人に頼めばいいことを、全部自分でやろうとしたり

 

 面子やプライドがじゃまして、よけいな苦痛を抱えてるんだって。 金儲けだって、もっとも効率よくやっているひとが勝つよな。

 

「 じゃあ、効率ってなんだ? 」って話

 

自分の好きなタイプの苦痛がある

 世の中にはいろんな人がいて、自分の部屋に十年引きこもる人もいれば、十年くらい家に帰らないで放浪する人もいる。 人と会うのが好きな人もいれば、一人になるのが好きな人もいる。 たとえば、標高二千メートルの山小屋の仕事があるとして、ネットとアニメが好きな人がやってもキツイだけだ。 山小屋には山小屋で働くタイプの人がいるんだ。 ネットもアニメもいらないから山にいたいって人が。

 

 効率的だろ

 

 アタシは自分が苦しんだり、不安になることが人よりも好きなんだろうね。 だから、今日もいい日だったよ。

広告

 

 

 

広告を非表示にする