読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

きっと夏してる

夏してる? 

積乱雲を眺めながら、あのときのことを思い出したり、

濃い影に隠れてアイスを食べたり、

「 最後にプールに行ったのって、いつだっけな? 」て、ぼそりとつぶやいては

眩しかった水面のきらめきに目を細めてる?

「 ひまだから 」ってみんなで海に行って、なにもできないけど無性に楽しかったあの日を思い出してる?

スケブラにどきっとしたあの日を、

スイカと蚊取り線香のにおいを、

塾の帰り道を、

お祭りと花火を、

そんな夏を。

広告

 

 

逃げ出したいくらい暑い

日中は暑すぎて川の住人と化してるワタシだけど、きょうはさすがに作業の日。

大量の仕入れに、仕込み作業。 それが終わったら空きベッドを確認して買い物へ。

うひー暑いわ、8kmだしてやっと涼しいくらい。

ベストムのセルフ食堂で「 ひやしうどん 」230円をかっ込んで、必要なものを買う。 帰りも暑い、ひたすら8kmで走る。 

かなとこ状に広がった積層雲を眺めながら走る。 

電車居酒屋の室温が気になる。

今日もうんざりするくらい蒸し暑くなるんでしょ。

 

「 うんざり 」ですまないくらい暑かったわ。

「 キケン 」シグナルを体が発しているわね。

予定していた仕込をあきらめて、麻雀をやりながら日没を待ってたわ。

 

で、日が沈んでなんとか出来そうな室温になってきたから開店。

今日はそこそこに忙しかったんだけど、富良野組から差し入れメロンがあったから

お客さんにサービス! っていうか、ワタシの自腹はまったく痛くないので食っちゃってー

その代わりといっちゃあなんだけど、立ってるものは親でもフロアーってことで

フルセルフ状態でまあなんとか終了。

すると近所のカラテカさんが

「 これ食っちゃってー 」と巨大スイカを持ってきてくれたのよ!

出産直前の妊婦の腹ぐらいでかいスイカを客席で「 やー! 」と切ったら

「 うおおおおおおおおおおおおおおおお 」って歓声、ワタシも「 すっげーーーー 」ってなっちゃった。

普通このくらいのサイズになると、中身はスッカスカなことが多いんだけど、この妊婦スイカは中までみっしりと詰まってたのね。

 

それをストンストンと切りまくって、前菜メロン、デザートスイカという

リッチなコースになったお客さんに提供。

このでかさ

f:id:hatinoyado8:20160804005335j:plain

ライハにいる富良野組にももっていって、

ついでにワタシもいただいたの。

「 うっまーーーーーーーーーーーいい!!!!! 」

あの図体からは想像もつかないくらい、繊細でみずみずしい甘さがあったわ。

でも、風がないからいまいち蒸し暑いのよ、まだ。

「 トラックが風を防いでるんですよ 」とまーくん。

ああ、そうかと歩道に出てみたらきもちいー夜風が吹いてきて

それを浴びながら、種をぴゅっぴゅとそこら変に飛ばしてたの

「 夏だ 」とだれかがいって

「 うん、夏、夏 」とだれかがいったので

「 夏だねー 」をワタシ。

メロンをくれた富良野の社長のように、

スイカをくれたカラテカさんのように、

やさしい夏の夜が道道966号線をつつんでいて、

ワタシは「 夏してるなあ・・・ 」って思ったの。

 

そんな日、

さいたま県について熱く語るおじさんと。

f:id:hatinoyado8:20160804005336j:plain

広告

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする