読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

沼田町郷土資料館こと沼田町ほたるの学習館へ行ってきた

博物館・郷土資料館

北海道のクマ被害事件といえば、いわずもがな

三毛別羆事件 - Wikipediaこれ

もしくは

福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件 - Wikipediaこれ

でも、まとめサイトで知ったんだけど、沼田町というところで

結構な被害の事件があったのね。

そのヒグマの皮が展示してあるという、沼田町郷土資料館へいってみたのよ。

広告

 

 

ほぼ閉鎖してます

 その事件、石狩沼田幌新事件は4名死亡、3名重体の結構な被害。

石狩沼田幌新事件 - Wikipedia

 で、その皮が展示してあるってんだから行くしかないじゃない?

石狩沼田幌新事件このページを参考。 

 

恒常休館!?

 

んー、しかも日曜日だから、きっとやってないし人もいないわよね・・・

でもまあ、とりあえず電話でしょ、ほぼあきらめてたけど、

意外にも通じたのよ

「 あの、郷土資料館をみたいんですけど・・・ 」

「 えと、すいません。 郷土資料館はほぼ営業してないんです 」

「 ああ、やはりそうですか。 すいません 」

「 いえ、職員の人も今日いなくて、聞くことが出来ないんです 」

「 いや、わかりました。 どーも :」

だめかあ、蒸し風呂状態の電車から抜け出したかったけれど、どっか別のところに行くかあ、っておもってたら電話。

「 あの、郷土資料館を見たいと聞いて電話させていただきました 」

「 はい、そうなんですよ。 郷土資料館が好きなんです 」

「 実は展示品の一部は別の場所に移したんですよ 」

 

どうやら、郷土資料館はもう放置してあるけど、「 ほたるの学習館 」という

施設があって、そこに郷土資料館の一部を移したらしい。

「 そーですか!わざわざ電話ありがとうございます、これから伺います! 」といって、一路沼田町へ。

 

沼田町

 道民で教育を受けた人なら、一度は聞かされた「 リュウレンレンさん 」という話。 つまりは戦時の強制労働から抜け出して、13年間山の中でサバイバルしてたって人がいたのね。

 その舞台が沼田町。 まあ、暗い歴史よね。

そんなことはもちろん展示してないんだけど、「 ホタルの学習館 」なかなか面白かったわ。

 

f:id:hatinoyado8:20160731171242j:plain

コレは化石体験館。 この隣にある。

f:id:hatinoyado8:20160731171330j:plain

SLが展示してある

f:id:hatinoyado8:20160731171357j:plain

f:id:hatinoyado8:20160731171421j:plain

これ、なかなか立派な施設

 

f:id:hatinoyado8:20160731171512j:plain

天井高い

入る前に、トイレが使えなかったので、となりの化石館へ

 

 

f:id:hatinoyado8:20160731171541j:plain

 

ISLAND OF YESSOの石炭分布マップ

f:id:hatinoyado8:20160731171626j:plain

つまりは、沼田町も炭鉱の町だったのだ。

f:id:hatinoyado8:20160731171801j:plain

炭鉱グッツ

f:id:hatinoyado8:20160731171830j:plain

ハーケンクロイツ

f:id:hatinoyado8:20160731171858j:plain

沼田はこの人から始まっている

 

 

そして・・・・・・

 

 

 

あったーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

f:id:hatinoyado8:20160731172036g:plain

 

 

うへぇ、でっかい

 

f:id:hatinoyado8:20160731172235j:plain

 

 

うんうん、なかなかよかったんじゃない?

電話でいろいろ教えてくれた人も

「 あまり見るものは・・・・ 」って言ってたけれど、

十分立派な施設だと思うわ。

 

 

 

 

ただ・・・・・

 

 

 

 

ちょっと気になったんだけどね。

 

 

 

 

郷土資料館のほかに、化石体験館をつくり、ホタルの学習館をつくっちゃうっていう

「 ハコモノ行政もほどほどにしたほうがいいんじゃないかしら? 」って

どうしても思っちゃうのよね。

それが炭鉱の町の断末魔なのかもしれないけれど、沼田町の闇を感じた日だったわ。

 

広告

 

 

 

 

広告を非表示にする