ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

原因や、物語を求めてはいけない-相模原刺殺事件とinto the wildを見た-

この前に来た18歳のヒッチハイカーから教わった

「 into the wild 」という映画を見た。

原作から入ったので、映画は物語として整えられてるなあ・・・・ってのが

第一印象。

原作の「 荒野へ 」クラカワー著 はもっとドキュメンタリーなカンジで、

主人公 クリス・マッカンドレスの人物を洗い出すことに傾注してると思う。

 そもそも、この本は、とあることをやらかした、クリス・マッカンドレスという若者に対して、多くの人があーでもない、こーでもないと意見を寄せて、それを著者がまとめているような構成なのだ。

 ちょうど、昨日起こった相模原の刺殺事件の報道も似ている。

headlines.yahoo.co.jp

19人を刺し殺したサイコパスの人生観とか内面とかをあーでもない、こーでもないと

我々は深読みしようとする。 やらかしちゃった理由とか、背景にある物語を読もうとする。 そんなことに意味があるのだろうか? って話。

で、これからネタバレ

広告

 

 

 

映画「 Into the wild 」

 

 

 自由を求めたアメリカの若者が、アラスカに行って死んじゃったって話しなのよ。

 

で、このクリス・マッカンドレスって若者の生い立ちとか、キャラクターとか、人生がとってもユニークでグラマラスなものだったから、当時のアメリカで結構話題になったらしいの。

 親が元NASAの社長で、大学の成績は優秀。 人当たりもよく、意志も強いからいろんな人に好かれるの。 人並みの望みを持っていたのなら、すべてかなえてしまうくらいのハイスペックなマッカンドレス君は、人並みの望みなんてもってなかったのよね。

 むしろ彼の特徴は、まともな価値観や人生にまったく興味が持てなかったッてことだと思うわ。

 アラスカで暮らすことにのみ夢を膨らませて、そして死んじゃうのよ。

 

 それを非難する声がいっぱい上がったらしいわ「 自然を舐めるな 」と。

 それは若者の冒険心に対する警告と憧れの言葉だと思うけど、映画ではこーいったことは表現されてないわね。

 

 それは、実に上手なことだと思うわ。

 

 ワタシ、このInto the wildの骨子にあるものはこうだと思うの。

 

 「 まともじゃなくていい 」

 

 どーしても世の中の価値観にフィットできないんなら、フィットしなくていい。

 だれにもわかってくれないなら、わかってもらわなくていい。

 でも、やりたいことに一歩踏み出せば、そこには同じような人が絶対にいるんだぞと。

 

 そんなことだと思うの。

 

相模原の刺殺事件

 国会議員に犯行予告の手紙を送って、障碍者施設に押し入り19人を殺傷したこの事件。 犯人のFBなどから犯人像のようなものがつくりあげられていて、私たちはサイコパスの心の中身を理解しようをしているわ。

 「 これは、歪んだ社会の縮図だ 」とか

 「 こんなことが起きたのは、これが原因だ 」とか

 原因を見つけ、それを排除し、安心しようとする心の動きなんでしょうけど、ちょっとまって。 その原因とやらが、もし本当にわかったのなら、19人を刺し殺す心理が理解できるって事かしら?

 ねえ?ムリじゃない?

 そんなこと理解するのあきらめたほうがよくない?

 どうやったって、私たちに19人を殺すことなんて理解できないし、理解したと思ってもいけないでしょ。

 「 こうに違いない! 」と確信を持ったって、本人だって本当の原因を理解してないかもしれないじゃない。?

 わかりっこないのよ、他人の頭の中なんて。 わかったつもりでいるのは、あくまで自分のなっとくのできるフィクション、ファンタジーの一つなのよ。

 

その原因や、背景にある物語は絶対にわからない

 「 なぜ? クリス・マッカンドレスは現代社会を捨て、荒野にはいったのか? 」

 それは消費社会に対するアンチ・テーゼで、クリスは「 本当の自分 」と「 本当の自由 」を求めてアラスカに一人入ったのだ。 そこで見つけたのは、飢えと、不毛と、理不尽と、非効率で、最後にクリスは「 本当の幸せ 」を得る方法を悟る。

 って話だけど、全部想像に過ぎないからね。 

「 なぜ? 障碍者を19人も刺し殺したのか? 」

 現代日本の象徴の一つ「 ブラック企業 」の常連、介護産業。 その介護で働く人間には過重なストレスを抱える。 そのために、多くの新規社員やバイトが辞めていくし、少子高齢化はあと何十年も続くであろう。 今回の事件はそんなゆがみの表れに過ぎないのだ。 事件の背景には介護産業で日夜働く多くの人間がいることを忘れてはいけない。

 って原因をわかったつもりでいるだけで、本当の理由なんてわかりっこないからね。

 

 言葉にして、咀嚼して、理解したつもりでいることが心の安定になるからやっているだけで、真実は当事者の中にしかないのよ。 それは永遠にわかる事はないの。 最後に、被害者のご冥福を。

 

広告

 

 

 

広告を非表示にする