ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

留守番電話で、別れを告げる

前から使ってくれていたお客さんで、ちょっとめんどくさい人がいる。

その人はいつも突然やってくるか、メールで予約を入れてくる。

「 もう予約は受け付けていない 」といってもハイハイといって

また入れてくる。

「 もう予約はやってないんです 」ってメールをしても

「 メール届きました?予約お願いします! 」って帰ってくる。

どうすれば、アノ人の耳に言葉がとどくのだろうか?

留守番電話がとても役に立った。

広告

 

 

貴方のメールの設定なんて知らないよ

 どーやらメールの受信設定がそうとう厳しくしているみたいなのよ。 なんども

「 予約やってません 」って送るんだけど、「 予約しましたよ!行きますよ! 」って ちょっとキレ気味のメールがくるの。 

ワタシうんざりしちゃって、もういいや!って

めんどくさすぎ!そしてこの人に関してはこないでくれたほうがいいのよ。

怒号のようないびきと、なぞの深夜行動。 決して出禁にするほどのことじゃないけど、対応するのが疲れちゃった。

でも、前にウチに来たとき、「 貴方の要望は満たせないし、別のところに行った方がいいと思います 」って言ってるんだけど、何もわかってはもらえなかったのよ。

だから、このままやんわりとした対応を続けていたら、また突然夜にやってきて

「 予約した!メール見て 」って30分前に送ったメールを見ろ!って来るんだろうなあ・・・・・・うん、切ろう。

 

腹に力を入れて電話する・・・・・が、留守電、

そこでワタシ思い出したの、このまえの893が言ってたこと

 

hatinoyado.hatenablog.jp

 

つまり、にわかに信じられないことだけど、言葉で言っても理解してくれない人間がいるのよね。 

日本語はわかるのよ? でも、アウトプットしかしない人がいるの、インプットは非常に狭い条件( 本人のインプットしたいことだけ )しかしないの。

でも、ワタシの右ナックルをデジタルに変換して相手に飛ばす方法はまだないから、

つよい言葉で 「 とにかく迷惑なんで、もう来るな 」って言ったのね。

 そしたら、しばらくして向こうから電話

「 すいませんでした、別のライダーハウスにします 」ってあっさり解決。

うーん、ちょっと悔しいけど、あの893の言うことにも一分の理があったのね。 

 

今日のライダー

7月らしく、そこそこの賑わい。

 

f:id:hatinoyado8:20160706234030j:plain

ロシアンルーレット

f:id:hatinoyado8:20160706234059j:plain

f:id:hatinoyado8:20160706234109j:plain

んで、すべてはけたあと、カベさんと話す

f:id:hatinoyado8:20160706234155j:plain

彼は日本一周チャリダーで、「 日本の里をめぐる旅 」ってやってるのね。

nihonnosato.blog.fc2.com

日本の里100選ってヤツをめぐってるんだけど、

「 なんで里なの? 」って聞いたら

「 里には現代がうしなったものがあるんです 」って言うことで、つまりは

その地域独自の文化、コミュニティは現代のIT社会において絶滅しようとしている。 しかし、そこには人が人として生きるための大事な情報があるのだ。 自然と人間生活の調和や、教育や、就職や、犯罪や、文化。 資本主義と情報の画一化によって失ってしまうこれらのことをしっかりと見て、感じて、残してみたい。

ということらしいわ。 うん、わかる。

でも、日程は非常に押しているらしくて、

「 あと70以上残ってます 」ってさ。

彼はまだ、大学生だから休学が終わったら戻らなくちゃいけないのよね。 でも、100名山ならともかく、100の里と日本一周をぶつ切りにしちゃったら、とっても味がなくなってしまうわよね。

 それに、就職してしまったら長期のたびなんてもう出来ないだろうし、第一中途半パンい終わらせてしまったことをブキに就職戦線戦えるのかしら? ちょっと使えないわよね。

 だから、彼のがんばるべきポイントは自転車をがんばってこぐことじゃなくて

「 お父さんに感謝の手紙を書きなさい 」って言っておいたわ。 目標達成のためにプレゼンをかける相手を間違っちゃダメよ。

 

あと、今日はこんな人も来た

財布落としちゃって、お金貸してください

 結構忙しい時間帯に、りっぱなライダージャケットとアライ級のメットを持ったライダーが来て( おそらく40歳ぐらい )

「 財布を落としちゃったので、お金を貸してください 」って来たのよ

ワタシ忙しくて、頭も回ってないし、??????????ってなってしまったの。

「 ガソリンとか買うのに現金が必要なんです、すぐに振り込みますから 」って

スマホを指差して言うのね。 ああ、ネットバンキングで口座の金の移動は出来るのか。 って理解は出来るんだけど、ぎょうざはあと30秒で焼きあがるし、つぎの料理の準備に入らないといけないし、第一アナタ誰? うん、聞く時間もないの。

だから

「 ごめんなさい、ワタシの信念としてお金は貸せないの 」ていって

でも、ウチで別の人に聞いてもいいわよっていったんだけど、すぐにどっか行っちゃった。

 

うーーーん、切羽詰ってるのはわかるんだけど、プレゼンの相手を選びなさいよ。

でも、貸してあげたほうがよかったかな? 日本昔話じゃまっさきにひどい目にあうキャラだよ、いまのワタシ。 どうおもう?ってライダーに聞いたら

「 いや、ないでしょ 」って事だったので一安心。 なあに、お金がなくてバイクが動かないなら、ここに電話をかければいいじゃない。

 

www.8190.jp

広告

 

 

 

広告を非表示にする