読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

土地が広いと大変

今日は大家さんの畑の手伝いをやってきたの。

その勢いで、ライダーハウスの草刈をやってきたわ。

まーつかれた、でもすっきりしたー。

で、脱肛がちょっと回復してたんだけど、まただめんなったっぽい。

あと4日後は仕事なのよ。 大丈夫?

 

ライダーハウスあたりの土地は、だいたい3区画、300坪くらいあるらしいのよ。

その広さの草を、ワタシが全部奇麗にできるわけがなく、

「 ジャングルっぽくていいんじゃない? 」って思い込んでたの。

サボる言い訳よね。

でも、ワタシってさ、ほら、他人の目があるとハッスルしちゃうタイプじゃない?

今日は大家さんとハッスルしてきたから、燃えてたのよねー

鎌を片手に、地面にはいつくばってたわ。

さすがに奇麗になったけど、来週にはまた雑草が生えてくるんでしょうね。

 

先代の大家さんは、この広大な土地と畑をどうやって管理してたのかしら?

「 好き 」だからって出来る作業量じゃないわよ。

わたしは、ここに、一つの鉄の意志を感じるわね。

すなわち、あの時代を生きた人って「 怠惰 」に対して

強烈な恥じらいと、怒りと、拒絶を持っていたのよね。

ライダーハウスの玄関の靴が乱れていただけで、喝 、が飛んできたらしいわ。

 

今の私たちは「 怠惰 」をあるていど寛容してるわよね。

じゃないと鬱になっちゃうものね

んん、これもサボル言い訳かしら?

でも、これだけ土地が広いと大変なのよ。

贅沢な悩みなんでしょうけどね。

 

広告を非表示にする