ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

アイラブ麻婆豆腐

麻婆豆腐はお好きかしら?

ワタシは好きよ、大好き。 ワタシがマーボ好きになったのは。

偶然はいった中華料理屋さんで、たまたま注文したマーボが衝撃のうまさだったのよ。

それ以来、その店に行くとマーボを食べて、

これは!

というレシピにたどり着いたのね。

広告

 

 

ガッテンマーボ

 まず、ためしてガッテンのマーボレシピを参照したのよ

www9.nhk.or.jp

 このマーボが本当においしくて、なんどもガッテンしたのよ。

ひき肉を強く炒めるのがコツなのね。 でも、まだ、あのマーボにとどかない。

そんな時、ひらめいたの・・・・・

 

 

 

テンメンジャンもったいない・・・・・

 

 

 

自家製テンメンジャン

 テンメンジャン レシピ で検索するといっぱい出てくるように、テンメンジャンって作れるのよ。 それも、けっこう安くて簡単。 ビンに入ってるのをちまちま使っていたのが「 ドーン! 」と使えるようになって、よりコクが増したのね。

 思うに、それまでは豆板醤の辛さがつよすぎて、テンメンジャンの甘さが負けていたのね。 四川風ならそれでいいかもしれないけど、めざすあの店のマーボは辛さの中に香りがあったのよ。

 あの店の味にはまだ届かないけど、この自家製テンメンジャンは大きな一歩だったと思うわ。 では、最後のピース「 香り 」はどの食材から来るのかしら? わりと、あっさり解決したけどね。

 

ホール山椒 

 こんなことない?

 

 気に入った料理がある店に友達を連れて行ったとき、

「 どうだ! この店の水餃子はうまいだろう 」

「 おお、たしかに上手い 」

「 そうだろう、そうだろう、このスープが絶品なのだ 」

「 ほう、どれどれ 」ズルズル

「 どうだ 」

「 うん、これ塩ラーメンのスープだ 」

「 え!? 」ズルズル

「 な、おいしい塩ラーメンだろ 」

「 ・・・・・塩ラーメンだ 」

「 塩ラーメンのスープと餃子の組み合わせか~ 」

「 ・・・・・塩ラーメンだった・・・・ 」

 

 水餃子がスープに浮かんでいる料理だったんだけど、「 塩ラーメンのスープ 」

ってまったく浮かばなかったのね。 それから「 すごくおいしい水餃子 」が

「 塩ラーメンのスープに浮かぶ水餃子 」になっちゃったのよ。

 

 で、今回もあの店のマーボを他人に食わせてみたら

「 山椒の香りすごいね~ 」って言うのよ。

 マーボのマは諸説あるけど「 山椒 」のことらしいわ。 

もちろん、ガッテンマーボのレシピにもあるから、私も入れてたのよ。 S&Bのやつ。

 ビンのキャップをはずして、ニオイをくんくんかいでみたら

「 ・・・・・・あのマーボだ 」ってなったのよ。

 どーやらビンでうってるアレは、使いやすいようにあらかじめ挽かれていたやつなのね。 だから香りが薄いのよ。

 すぐに挽いてないホールの山椒を買ってきて、コショウのミルにいれて、マーボに挽き立ての山椒をぶち込んだのね。

 

 

 ・・・・・美味しんぼのアレでたわ・・・・

 

 

まとめ

 イエーイ!マーボあいしてるー? ぼくはあいしてるよーーーー↑

 イル・ウタクベ・マシト・チン・ケンイチ!いでよ!マーボマン!!

 

 それまで鏡のようだったマーボの海がせせりあがり、やがて人の形のマーボが現れた!

 

 いいぞ!マーボマン!世界を変えてしまえ!

「 うごー!! 」

 ゆっくりと動き出したマーボマンはボランティアセンターに登録し、豆腐がぐだぐだになるまで働くのだった! そう、世界は愛で変えられる! それがマーボマンのメッセージ!

広告