読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

「 泥だらけの飴を男としゃぶり合う 」という句の意味について

大友逸星という句人をご存知だろうか?

仙台の人で2011年に没してしまった。

逸星の川柳は読めば読むほど言葉の意味が分からなくなり、

しまいには「 言葉って何だっけ? 」とトンでしまいそうになる。

そんな取り扱い注意な言葉を紹介したい。

広告

 

 

 

ディープな川柳の世界

故人のことを知ったのはこの画像のおかげだ。

f:id:hatinoyado8:20160324002559j:plain

「 泥だらけ乃飴を 男としゃぶり合う 」 大友 逸星

 

 

 

 

・・・・先生・・・・意味が分かりません。

 

 

 飴をしゃぶり合うんですか? はあ・・・・

あっ、そーゆープレイですか? へー

 しかし・・・・泥を落としてからのほうがいいのでは?

 

「 ちょっと、キミキミ! 」

「 はい? 」

「 何か誤解をしてるんじゃないか? 」

「 誤解・・・ですか? 」

「 そうだ、この石碑に書かれた句は、そのまま取るとえらい意味になってしまう 」

「 えっ・・・この句に深い意味が・・・ところで、あなたは・・? 」

「 ワタシは慣用句マンだ! 」

「 慣用句マン! 」

「 そうだ!慣用句マンだ! 」

「 すごい! 」

「 はっはっは、そうだ! すごい慣用句マンだ! 」

「 もっと! 」

「 よしよし!君たち!慣用句は好きかい? 」

「 うん!上腕三頭筋ぐらいすき! 」

「 そうか!じゃあ、見せてあげよう、三頭筋マッシブ!! 」

「 うわーすごい!大腿四等筋もバンプアップして!! 」

「 よーし、見てろ!フン!!! 」

 

カシャッ!というシャッター音がスタジオに響き渡る

その音は慣用句マンの羞恥心を一枚ずつ脱がすのであった

おそらく、もうすぐ慣用句マンは着ていた布をすべて捨て、

なしくずしに撮影は始まるのであろう

「 まったく、えげつない 」と僕は思った

 

                ~堕ちた慣用句マン、屈辱の写真集~ より

「 飴をしゃぶりあう 」という慣用句の意味

  あ、脱線した。 つまり、「 飴をしゃぶり合う 」には

どーやら別の意味があるらしい。 そのままだったら、ただの変態だ。

そして、おそらくこーゆーことだろう

飴をしゃぶらせる(あめをしゃぶらせる)
勝負事などでわざと負けて相手を喜ばせる。また、相手をうまい話でつる。飴を舐(ねぶ)らせる。 

kotobank.jpより

 つまりは接待や営業や詐欺などの行為を

「 飴を舐(ねぶ)らせる 」といい

「 泥だらけ 」はダーティプレイという意味だろう。

 

 故逸星は政治などの批評もする人であったらしい。 

泥だらけの飴を 男としゃぶり合う は

人間社会の泥まみれの部分を、痛烈に批判した一句と取れる。 

 

アメリカのパンツを穿いて動けない  逸星
真珠湾までテープを巻き戻す
股間から憲法九条そそり立つ
この国はよく洗濯をする家だ
戦争と地震のどちらかに○を

http://daenizumi.blogspot.jp/2012/03/blog-post_16.html より

これも意味が良く分からないが、政治批判の句らしい。

3行目の「 股間から●●そそり立つ 」というのが雄雄しくてすき。

男たるものしゃぶりあってんじゃないよ!と そそり立て!という

逸星の喝が聞こえてきそうだ。

 

広告

 

広告を非表示にする