ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

ホワイトデーなんて、こうすりゃいいじゃん

先月、突然職場の女性から糖分を食わされた男性も多いだろう。

そう、義理チョコってやつだ。

この屈辱的な贈り物を渡してくるキモチってのは、なんなんだろう?

「 しょうがないから 」

「 儀式だから 」

「 チョコを買うのがすきだから 」

でも、たぶん一番の理由は

「 バレンタインデーだから 」

つまり、バレンタインデーだからバレンタインデーをしなくてはいけない。

そんな合わせ鏡の回廊のような理由だろう。

 

なぞの風習にまどわされる男性は多いだろう。

バレンタインデーをされた人は、ホワイトデーをしなくてはいけない。

はぁ・・・・めんどくせ

そんな貴方に、これなんてどうですか?

 

六花亭のバターサンドが嫌いな人間はいない

 

もし、ホワイトデーのチョコ選択に困っているのなら、これがいい。

なぜなら、人の味覚はそれぞれだけど、バターサンドが嫌いって人間には、

いままで一人もであったことがない。

もし、万が一、そんな人間がいたとしても、それは女性コミュニティにおいて

「 ハブ 」られてしまうに違いない。 そんな強烈な一品だ。

 

そもそも返さない

もらったんだから、かえそう。 というのは

ずぶずぶに続いている、年賀状のようなものだ。

どちらかが「 もういいや 」って辞めることで、このずぶずぶから

抜け出すことが出来る。

そもそも、かなり女性に有利なイベントだ。

まともに付き合う理由なんてないのだ。

 

それに、相手のことを真摯に考えて贈り物をするのなら、

チョコレートのような砂糖の集合体を贈るのはむしろ失礼だ。

砂糖有害論を考察

インスリンと血糖値の無間地獄に落ちるぞ。

「 あなたが、糖尿病になればいいなーって! 」ニッコリ

そんな人とは付き合わないほうがいい。

 

 

カネを渡す

しかし、職場での立場を考えると何もしないわけにはいかないだろう。

そこで有効なのが現金を渡すことだ。

 

いや、勘違いしないで欲しい。 なにもビラリンチョと諭吉タンを露出させ

「 ホレホレ!・・・・ホレ!!! 」と女のホオをスパンキングしろといっているのではない。

「 わるいけど、これでなんか買ってきて 」というのだ。

これが一番有効である。

 

なぜなら、バレンタインデーがバレンタインデーになったのは

女性がバレンタインデーのようなお買い物行事が大好きだからだ。

可愛いラッピングのチョコをながめているだけでも、日々のストレス、

セクハラ、セックスレス、課長の頭皮のニオイ、洗ってない三角コーナー、

乳がでかいだけの新入社員( 20 )、同期の結婚式、キイイイイイイ!!!!

 

ってのを忘れる力が、チョコには、ある。

広告

 

 

 

広告を非表示にする