ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

動機は不純のほうがいい

何かを始めるにしろ、やるにしろ、動機を問われることがあります。

 

「 なぜ、こんなことをしてるのか? 」と

 

ある地点で振り返ってしまい、自分の行動に意味が見出せなくなってしまうとき。

 

「 ばかばかしい、やめてしまおうか 」と

 

心のなかでアイデンティティが振れてしまうとき。

 

そんなときは己の不純さ、汚らしさ、が

助けになってくれるんですよって話。

 

f:id:hatinoyado8:20160303214630j:plain

 

広告

 

 

何をしてても「 やめたいな 」って時があるよね

僕の職業は

1、 カヤックガイド

2、 ライダーハウス管理人

3、 居酒屋経営

4、 たまねぎ戦士

の4つです。 多いですね。

 

で、年に一回くらい「 ライダーハウスやりたいです 」って人から相談を受けるんです。

いい人だったら 「 やめておいたほうがいい 」って答えるんでしょうけど、

僕は「 いいぞ、やるがいい 」と応援します。

 

なぜなら、2と3を組み合わせる、つまり、ライダーハウスと飲酒の組み合わせは、

時にカオスな状況を作り出してしまうんです。( 特に8月 )

 

ここには書けない汚らしい雑用がいっぱいあります。

で、やってきますよ

「 なんで、こんなことしてるんだろう? 」ってヤツが

それに対抗するためのボディバランスを僕は持っています。

それは、ここ数年でより太くなりました。

 

それは

「 お金のためだけではやっていけない 」という攻撃に対して

「 カヤックのためにやっているんだ 」と守ったり

 

「 こんなこと( 汚らしくて書けない )をする人を相手にするのか? 」という

攻撃に対して

「 いや、お金のためにやっているんだ 」と守ったり

 

「 まともに通年で働いたほうが安定するでしょ? 」という攻撃に対して

「 夏の為にやっているんだ、金だけじゃない 」と守れます

 

純粋さは、もろい

「 ライダーハウスをやりたいんです 」って純粋な一つの動機は美しいです。

でも、その美しさは犯されるでしょう、間違いなく。

 

純粋にいい物を作りたい、人の役に立ちたいという願いで出来たものが、

盗まれたり、壊されたり、笑われたり、見えないところからつばをかけられたりします。

そんなとき「 あほくさ、やめればいいじゃん 」とやってきますよ。

動機が一つしかない場合、それに対抗するのは厳しい。

 

なんでもそうじゃないでしょうか

ライダーハウスを例にとりましたけれど、なんでもそうなんじゃないでしょうか?

付き合ってる彼女に

「 なんで、私とつきあったの? 」と聞かれて

「 好きだから 」と答えるでしょ

本当は、たまたまフリーだったからとか

性欲が貯まっていたからとか

趣味が合うからとか

やらせてくれそうだからとか

いろいろあったほうがいい。

もし、「 好き 」の牙城が崩されたとき

「 でも、こいつ以上に趣味が合う女はいないな 」とか守れますからね

 

 

人はそれを「 不純 」とみなすかもしれないが、

笑ってやればいいんです

「 なんで純粋なヤツだ 」と。

そう、汚らしいオジサンは思うのです。

広告

 

広告を非表示にする