ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

はてなブログ村に面白い人がいた

広告

 

blog.komesikanai.com

いやあ、はてなブログにして良かった。

今使わせてもらってる、このデザインテーマ

Brooklyn

超お気に入りです、

shiromatakumi.hatenablog.com

で、このデザインを作った人の記事で、この狂った人を発見できたのですよ。

こんな はてなブログ 独特の閉じたコミュニティ・・・嫌いじゃないぜ

 

で、この「 お米 」さんのお祭り男が大好きなので、リスペクト。

 

そう!祭りだ!!

 

ドン!

 

ドン!

 

ドン!

 

ドドン!

f:id:hatinoyado8:20160224221900j:plain

 

ヤーレン ソーランソーラン
ソーランソーランソーラン(ハイハイ)

 

ハイハイ!! ソーラン節ですよ!!ソーラン節!!! 沖のかもめに、ニシンを聞いちゃいますよ!!ああ!そうだよ!! なんでカモメがそんなこと教えないといけないんですか!? っていうか、なんで聞いたんですか? カモメですよ、カモメ。

「 クエー 」とか「 ナー 」しか言いませんよ!あいつらは!!

 

ハイハイ!!!

f:id:hatinoyado8:20160224222406j:plain

 

沖の鴎(かもめ)に 潮どき問えば
わたしゃ立つ鳥 波に聞け
チョイ ヤサエエンヤンサノ
ドッコイショ
(ハ ドッコイショドッコイショ)

 

やあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!れんそーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーランそーーーーーーーーーーーーらんんそーーーーーーーーーーーーーーーーーーーらん!!

 

うおおおおおおおおお!!!!祭りだ!!!祭り!!!! 喉よ潰れろ!!!こぶしを握れ!! 踊れ!!踊れ!!!踊れ!!!踊れ!!!!!

ハーどっこいしょーどっこいしょ!!!!

 

祭り会場にビッグゲストが!!

ズン

f:id:hatinoyado8:20160224223408j:plain

ズン!

f:id:hatinoyado8:20160224223408j:plain

ズズン!!

f:id:hatinoyado8:20160224223408j:plain

らっせーらー! らっせーらー!
らっせ らっせ らっせーらー!!

 

らっせーらー! らっせーらー!
らっせ らっせ らっせーらー!!

 

らっせーらー! らっせーらー!
らっせ らっせ らっせーらー!!

 

セイッ!セイッ!!

 

らっせーらー! らっせーらー!


らっせ らっせ らっせーらー!!

 

セイッ!セイッ!!

 

らっせーら・らっせーら・ラッセーラッセーラッセーラ!!!! らっせ!らっせ!らっせぃら!!!

 

らっせぃらっせぃらっせい!!!??

らっせいらっせいらっせい!!!!!

らっせぃらっせぃらっせい!!!??

らっせいらっせいらっせい!!!!!

らっせぃらっせぃらっせい!!!??

らっせいらっせいらっせい!!!!!

ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!

らっせぃらっせぃらっせい!!!??

らっせいらっせいらっせい!!!!!

らっせぃらっせぃらっせい!!!??

らっせいらっせいらっせい!!!!!

らっせぃらっせぃらっせい!!!??

らっせいらっせいらっせい!!!!!

ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!

らっせぃらっせぃらっせい!!!??

らっせいらっせいらっせい!!!!!

らっせぃらっせぃらっせい!!!??

らっせいらっせいらっせい!!!!!

らっせぃらっせぃらっせい!!!??

らっせいらっせいらっせい!!!!!

ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!

やあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああれええんソーランr----らんんそおおおおおおおおおおおおらんよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

yeeeeeeeeeeeeeeeaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa!!!!!

( 突然始まるコラボレーションに沸き立つ観衆、この祭り、底が見えない )

 

花火

ドン!

f:id:hatinoyado8:20160224225243j:plain

河川敷は人だかり、みんな花火を見上げてる。 「 すごい、すごい 」とキミはうれしそう。 けれどボクは悲しいキモチ。 ただの花火は毎年見れるけど、キミと見る花火はこれが最後になるだろう。 そう思うと、つい言葉にしてしまった。

「 どうしても行ってしまうの? 」なんども飲み込んだ言葉があっけなくでてきた。

「 ・・・・・ 」 聞こえなかったのかな? いや、そんなはずはない。

ボクが飲み込もうとして、できなかった言葉、伝わらないはずなどない。

キミはうるんだ目で、こっちを向いた。 キレイな口がなにかを喋ろうとしたとき、

あたりは真っ暗になった。

 

ドン!

f:id:hatinoyado8:20160224230307j:plain

その日一番の花火が、まぶしいくらいにあたりを照らした。

遅れてきた爆発音がキミの言葉をかき消す。

「 なんて言ったの? 」と聞く代わりに、ボクはそっとキスをした。

神様・・・・どうか・・・フランス外人部隊に行く彼をお守りください。

ふたたび闇に包まれた僕たち。 遠くで祭囃子が聞こえる。

 

広告

 

広告を非表示にする