ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

ドローンを始めるのに最適な機体

 

ドローンを始めて1年ほど

これから始めたい人に

こんな機体をオススメしたい

 

 

 

安くて万能、X5Cシリーズ

僕が始めて買ったのがこれ

 

100gという軽量で、

そこそこ大きいので安定して飛ばせちゃう( 無風、室内など )

プロペラガードとカメラもついているので、

ドローンの練習として最適、室内で遊ぶのもとっても楽しい。

軽量なので、なかなか壊れにくいのが、このクラスのドローンの

一番のセールスポイントでしょう。 

パーツが安い

ありふれている機体なので、パーツも安く手に入るんですよ。

モーターの調子が悪くなったので、モーターのみを買ったことがあって。

 

1000円しなかった。 やっす。

ハンダでジューっと接続。

プラモデルの感覚です。

 あと、プロペラも壊れやすいので、ついでに買っとくといいかも。

空撮の練習にも良い

とにかく軽いので、ちょっとした風に弱いのが弱点でしょう。

逆に言えば、風を読む力がつきます。

飛行可能区域を確認して練習しよう

ただ、X5Cは200g以下の

浮遊するゴミと同じ

・・・でも、マナーは大事でしょ?

www.mlit.go.jp

 

海岸とかオススメ

 

 

方向性を見失う

このクラスのドローンでやりがちなミスがあるんです。

いま、どっちを向いているんだろう?

って混乱しちゃうんですよ

 

小さい機体なので50mも離れれば、どっちに動いてるか?ってわかんなくなりますよ。

カムバック機能もあまりあてにならないんです( もしくは “ない” です )

なので、あまり自分から離れて飛ばすことはできません。

 

風を読み間違える

たとえば、木陰からドローンを飛ばすとするじゃないですか、

体に感じる風は無風なんで、思い切って上昇させるじゃないですか。

ドローンが木の高さを越えた瞬間にコントロール不能になりますよ。

そんなことがあるのです。

地上と上空の風はぜんぜん違うものです。

飛ばすときは風の情報をなるべく読み取りましょう。

高い木の枝の揺れ方、遠くの煙、鳥の飛び方など、よーく観察します

100gのドローンはあっとゆうまに風に流されます

行っちゃいけない方向に流されることもあるんです。

 

ホントに必要?カメラ通信機能

初代がお亡くなりになったので、 

2代目を買いました

 X5Cのバージョンアップ。

細かいところが改善されているので、

いきなりこれを買うのもお勧めですね。

で、これはやろうと思えば、ドローンのカメラの映像を

スマホで見れる機能があるんですが、これ必要かなあ?

この機能さえあれば、ドローンがどちらを向いているか?

というのがわかるので、コントロール不能になる可能性は減る。

しかし、前述したように100gの機体は風にとにかく弱い

なので、目視できないところまで、このタイプのドローンを飛ばすことは

やめておいたほうがいいです。

 

おそらく、これぐらいが限界 

 すべてが別格!DJI phantom

 

お値段10万超え!しかし、その価値はある!

X5Cと何が違うのか?

なにもかもが違うのですよ!

機体重量1,3kg! 実にX5Cの13倍!

バッテリーを入れて手に持ってみると

「 これが、ホントに、飛ぶの? 」ってくらい重い。

墜落したときのダメージは相当でしょう。

しかし、その分、風に強いんです。

X5Cの13倍強いですよ。

さらに、GPS、フォローミー、カムバック、すべての機能がすばらしい。

DJIphantomに触れたおかげで、X5Cは

「 とてもよくできたおもちゃ 」という印象になってしまった。

 4k画質はとても美しいんですが、データが大きすぎるので縮小して上げてみます。

DJI phantom にあわせてPCを買い換えたくなります

 

phantomの弱点=高い

高価である。

もし壊れたら、2,3日枕をしっとりぬらしてしまう自身があります。

いきなりphantomを購入するのはオススメできません。

 

それに現在、ドローンの技術は急速に発展しているので、

しばらくX5Cで感覚をつかんでから

10万以上の機体を購入してみるのがいいでしょう。