ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

引越しの時には部屋を作るのがオススメですよ

今週のお題「わたしの部屋」

旭川から美瑛に引っ越した時、あらゆる物がちらかっていた。

 

 

 

  

f:id:hatinoyado8:20160219203136j:plain

 

まあ、引越しなのだし、物が散らかっていてもしょうがないでしょ。

これから、ライダーハウス経営者という名の無職になるし、時間は結構ある

さあ、片付けるぞ!

と気合を入れるが・・・動けない、

なぜならレイアウトすら決まってないからだ。

思うに、片付けとは、モノをあるべき場所に戻すこと。

そのあるべき場所が決まってないから動かせない。

 ・・・困った・・・

「 ・・・・まず、部屋を作ろう 」

大きい部屋はこのとおりなので、小さい部屋を作ってからモノを移す、この作業に2週間はかかった。

 

f:id:hatinoyado8:20160219203131j:plain

ペンキを塗って、さあ、これから

 

とにかく、ベッドが欲しかったので、ホームセンターに通った。

だが、ベッドを買うためではないんです。

木材ですよ、木材を買ってベッドを作るつもりです。

1本200円くらいの木材だけど、あれこれ作るうち結構な本数になっちゃいました。

最小限の出費ですむために、できるだけ少ない木材でベッドを作りたかった、が

作りたいもの

って言うのはこれから7年たったいまでも存在するんです、

結局何度もホームセンターに通ってしまいました。

いままで、300本は買ったでしょう、 円安のうちに爆買いしとけばよかった・・

とりあえず完成

f:id:hatinoyado8:20160219203134j:plain

なかなか小奇麗にできたんじゃない?

でも、この状態は長く続きません

どうしても、ライダーハウスとしてベストの形を追い求めていくと、

「 小奇麗 」なんてどっかに行ってしまうのですよ。

それは永遠に完成しないんです。

 

ツーバイフォーは万能

f:id:hatinoyado8:20160219204740j:plain

結構な出費となった木材、通称ツーバイフォー、その利点は

なんといっても「 ただの木材 」であることでしょう。

たとえば、ベッドが欲しいとします。

気に入ったものがあっても、それが部屋におけるかわかりません。

そもそも、入り口を通せるかもわからない。

ツーバイフォーならカンタンですよ。 そのサイズに切ればいいんです。

 

さらに、部屋の模様替えをしたいとします。

既製品の家具なら、できることは配置を替えるぐらいでしょう

それがツーバイフォーなら、素材をばらして

なんだって形を変えることができるんです。

なんてフレキシブル!

お気に入りの家具をそろえるのもいいけど、

自分で作るのもいいですよ。

 

f:id:hatinoyado8:20160219204738j:plain

 

 工具なんて、このとき買ったやつをいまだに愛用してます

 

これさえあれば、だいたいオッケー

引越しの時期ですけど、家具を「 作る 」って選択肢もどうでしょう?