ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

こだわりはあげてしまおう

ほぼ日刊イトイ新聞を読んでたら

じーんと来た話を見つけたので

ぜひ読んでほしい

ほぼ日刊イトイ新聞 - おとなの小論文教室。

が、読まなくてもいい、がんばってまとめてみる

 

 

あげなさいというBBAの教え

いやいや、こうやって書くことでかたっくるしさを軽減してるんですよ。

”おばあちゃんの教え”じゃ、ちょっとキナくさい。 本を売りつけてきそう。

BBAのほうが画太郎っぽくていいでしょ。

「 うるせー!! 」ってぶん殴ってきそうでしょ

あ・・でも、いきなりぶん殴ってくるBBAの話なんて

まったく信用できないな。 うん、やめよう

 

あげちゃってもいいさ、と逆に考える

はい、もっとダメ。 今にも波紋をぶちこんできそう。

でもね、基本線はこれであってる。

ほぼ日刊イトイ新聞 - おとなの小論文教室。

おばあちゃんが、ジョジョを読んでいたのかわからないが、

「 損得勘定をすてなさい 」というありがたい言葉なのだ。

「 俺は資本主義をすてるぞーーー!!!ジョジョーーー!!!! 」

ってことではない。

 

盗まれたり、返ってこなかったり

うちには漫画をいっぱい置いてあるんだけど、毎年ぽつぽつとなくなっていく。

とても悲しい。 たとえ中古で100円だったとしても悲しい。

ただ、悪意がないのはわかる。 元に戻すのがめんどくさかっただけなんだ。

それはわかる。

 

「 バイクを売って 」と言われて、「 気に入ったらでいいよ 」と貸したことがある。 それから1年くらい音信不通になった。 とても悲しかった。

電話をしたら「 あれ、動かなくなったよ 」と言われる。 メンテをする気もなく、メカの知識を勉強する気もなかったのだ。 軽トラで回収して、信用できる人にあげるまで乗りまくった。

問題は解決したが、そのときの「 キモチ 」は残ったままだ。

思い出すだけでドロドロとしたのがこみあがってくる。 ふとしたことで思い出してしまうので、忘れることができない。 怒りと後悔と憎しみのカクテル「 キモチ 」ですよ。

だから人の善意や、信用をないがしろにする人間、そんな奴らを見分けられるようになりたい、と今でも思っている。 それはそれでいいんだろう、成長ともいえるから。 

問題は「 キモチ 」がココロの地下マントルでドロドロとしていることだ。

 

バランスシートをすててしまおう

 終わったはずの問題にこだわってしまうのは、損得勘定があわないからだ。

気に入った漫画をそろえたり、バイクを紹介したり、回収したり。

自分が失ったものに対して、なーんにも得することがなかったからだろう。

「 掛けたお金や、時間や労力、うばわれたプライドを返せ! 」と憎んでいる。

びた一文逃さず回収してやる!と鬼の目つきになってしまっているのだ。

 

でも、あげてしまおう。

もう、あげてしまおうじゃないか。

過去のことなのだ。 こだわりは捨てて「 あげるよ 」と心の中で

つぶやくだけでいい。

難しいかもしれないが、それでやっと救われる。

損得勘定をすてて、いま欲しい物ややりたいことを追うべきなのだ。

教訓は得たし、成長もした。 なくなった物は、もう戻ってこない。

「 あげるよ 」は過去との決別だ。 足かせをはずす鍵なのだ。

 

広告を非表示にする