ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

旅人たち - キケンジさんと出会ったときのこと

キケンジさんという旅人に出会えたのは

函館ライムライトのハコちゃんのおかげであった

 

 

 

キケンジという男

ハコちゃんは僕にライダーハウスのやりかたなど

人生でためになる情報をくれる女神だ

そんな彼女が

「 一輪車で日本縦断した人がいるんだってー 」

「 へー、すごい 」

「 でもね、その人『 日本縦断の練習にアイスランドを一周 』したんだって 」

「 !!? 」

え!?アイスランド!!?

それってイギリスとか、遠い遠い島だよね?

そこに練習? 普通逆じゃないのか?

いや、この場合「 普通 」ってのが存在しないぞ。

一輪車で日本縦断するってだけで十分すごい。

「 でねー、たしかその人ここら辺(美瑛町)にすんでるはずだよー 」

な・・・なんだってーーーーー!!!!

 

そりゃあ会うしかないでしょう、キケンジさんのブログを発見し

コメントを送ってみた。 もともと、北海道にツーリングに来ていた人

だったので、蜂の宿のことはご存知だったようだ。

 

それから実際に会うまではすぐだった、

キケンジさんのHPが面白すぎたので、時間が過ぎるのを忘れて読みふけったのだ。

 

www.geocities.jp

 

 

 であって1日でスラックライン

f:id:hatinoyado8:20160206002804j:plain

HPを隅々まで読んでファンになっていたので、その著者とであえるのは

とてもわくわくした。  個人的に

アイスランド初日の路肩でオーロラ見て、

寝ようと思ったけど寝れなくて、タクシーの運転手に助けてもらった話

 

http://www.geocities.jp/kikenjien/icld404.html

がとても好きなので、そのときの話を聞こうと思ったけれど

「 スラックラインやろう 」という話になぜかなって、楽しくスラックライン

をやっていた。

どーもお互い、過去のことにはあんまり興味のない性格のようだ。 じゃ、過去の話

はいいや「 今度はどこ行くんですか? 」と聞いたら「 んー、たぶん・・・

キューバかな 」

 

 

キュッ・・キューバ!!?

 

キケンジさんが一輪車でキューバを横断した話

キューバにっき

 

そんな人だったので、過去の話をするよりも

「 なんかして遊ばない? 」ってことが多かった。

 

物理的な距離はあまり関係ない

その後、カヤックに行ったり、モーターパラグライダーに行ったり、

バイクを紹介してもらったり、ガレ場にいったり、ピヤシリに登ったり、

ドローン部を結成したりしている間、

キケンジさんはキューバを横断し、対馬を一周して、

アメリカを横断したあと、

「 結婚するわ 」といってフロリダに旅立っていった。

さすがにもう、一輪車の旅はやらないのかな? それとも、奥様が

吉田沙織ばりのスーパータックルでキケンジさんをつかまえたんだろうか?

いきなり結婚して、フロリダで生活するというのも面白いなあ。

物理的な距離は離れてしまったが、ブログで読むネタが

読者としてワクワクの展開なのである。

距離はあまり関係ないのだ。

blogs.yahoo.co.jp