読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

北海道への移住とバイトについて

北海道に移住しようと考えたら

まず、気になるのが「 仕事はあるのか? 」というところ。

僕はまず、季節労働から入るのをオススメします。

 

f:id:hatinoyado8:20160204200242j:plain

 

 

 

 

夏にバイトで困ることはない

 僕の住んでる美瑛町では、夏のアルバイトに困ることはないでしょう。

5月からアスパラの収穫が始まり、健康であるなら仕事はあります。

7,8月はそこに農産物の倉庫などの仕事もあるので、短期間で

がっつりと稼ぐこともできます。

 

さらに、夏の観光シーズンであれば、リゾートバイトもあります。

利尻島富良野などで、住み込みで働く旅人も多いですね。

 

忙しい時期の臨時バイトなので、シーズンが終われば仕事はなくなります。

が、農業であれば横のツテや農協などの紹介で、雪が降るまでバイトが続く人もいます。

 

冬の仕事は少ない

11月になれば、北海道は冬モードになります。

冬のアルバイトといえばスキー場でしょう、

リゾート地、

ニセコトマム富良野、キロロなどで

探せばすぐに見つかるでしょう。

 

大型特殊を持っていれば、除雪のバイトもあります。

地元農家の人が入っていることが多いですね。

役場などで探してみましょう。

 

また、都市部( 札幌、帯広旭川など )なら

郵便配達の冬季増区という働き口もあります。

まったくバイクに乗ったこともない人でもできるのですが、

交通事故のリスクはすくなからず存在するので、注意が必要です。

 

僕も7年やってました

郵便局員時代も含めて、7年ほど郵便配達をやってました。

どんな雪の日でも5,6時間は外に出て配達するので、とても健康的。

郵便をただ配るだけなので、とてもシンプル。

誤配と交通事故のリスクも慣れればかなり減らせる。

と、オススメです。

通勤に往復3時間くらいかかってたので、今年は転職しました。

近所にたまねぎ工場ができたのです。

秋に収穫したたまねぎを、でかいキカイで皮をむいて出荷する工場。

11月から4月まで雇ってくれるらしいのでありがたい。

仕事内容も実にシンプルなライン作業で、なにも意識しなくても

体が勝手に仕事してくれてる状態です。 

この仕事も契約社員の人が入っているので、農協あたりに聞いてみれば

見つかると思います。

 

仕事の隙間はフリータイム

季節労働の最大のメリットがこれだと思います。

仕事仕事の間に、普通の仕事では得られない自由時間があるので、

その期間を旅などに当ててました。

 

北海道に移住を考えている人だったら、

まず、こんな仕事からはじめてみるのもいいと思います。

その間に住民税を払っておけば、格安の町営住宅( この前見たら2万以下でした )

に入れたり、知り合いのツテができて、空き家を紹介してくれたり、

もっと良い仕事に移れたりできると思います。

広告を非表示にする